ホーム > 人生哲学 > 「仁・義・礼・智・信」五常(ごじょう)を大切にしよう。
「仁・義・礼・智・信」儒教で説く5つの徳目。


五常または五徳。


人を思いやること。(愛すること)


利欲にとらわれず、なすべきことをすること。


人を思いやることを具体的に行動すること。


学問に励むこと、知識を重んじること。


友情に厚く、嘘をつかず、真実を告げること、約束を守ること、誠実であること。


5つの徳か?なんか忘れてしまった感がある。儒教と聞くと少し抵抗があるかもしれないが、儒教とは関係なくても、5つの徳は積むべきだと思う。

一度人を愛したら、思いやりをもって、私欲に囚われず、約束を守り、嘘をつかず、誠実に具体的な行動でもって相手と接すること。

一度仕事に就いたら、周りとの協調性や信頼関係に厚く、仕事に関する勉強や知識を重んじ、利欲に囚われず、誠実になすべきことをやること。

恋愛や仕事を五常でまとめるとこんな感じかな。

簡単なことだけど、これがなかなかできない。

五常に背いている人の方が多いのかな?


人を愛したら、思いやりもなく、嘘をつき約束も守らない。自分勝手な都合ばかりを相手に押しつけ、私欲に走り、不誠実な態度で相手と接する。

仕事に就いたら、周りとの協調性や信頼関係もなく、仕事に関する勉強や知識を軽んじ、利欲に囚われ、サボってなすべきことをやらない。

付き合いたての頃は、前者の「五常」があったのに。

仕事初めの頃は、前者の「五常」があったのに。


今となっては徳を忘れた人間となってしまった。

まあ、誰しもある。そういうことが。

これが人間の弱さだ。

どんまいどんまい。

忘れたら、また思い出せばいい。

忘れていた徳をまた思い出せばいい。

思い出して実行に移せば、また徳は復活する。復活するのに照れなくていい。恥ずかしがらず、素直になって徳を復活させればいい。人間徳を積み重ねていけば、また強さを取り戻すことができるようになるから。

徳を忘れれば弱くなり。
徳を取り戻せば強くなる。
人間というものは、そのようにできている。



もう一度、再確認しよう。
「仁・義・礼・智・信」という、「五常」、「五徳」を。






最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する