ホーム > 人生哲学 > あきらめのいい人とあきらめの悪い人。物わかりの良い人と物わかりの悪い人。
男女のいろいろな過程があって別れた。
白黒とはっきり決着がついて別れた。
男と女は、お互いが理解の上納得して別れた。

なのに・・・
あきらめのいい人とあきらめの悪い人がいる。

あきらめのいい人はあっさりとあきらめるが、あきらめの悪い人はあっさりとあきらめることができない。そして、「復縁できますか?」と変な質問をしてくる。

へ?・・・理解不能。
白黒決着がついてお互い納得して別れたのに。この後に及んで、まだ復縁を望むのか?意味分からない。

私は、意味の分からない人を多く相手にしている。(笑)多くのあきらめの悪い往生際の悪い人を相手にいている。ま、これが仕事だから仕方ないけどね。

往生際の悪い人の気持ちも分かります。

ですが、たまには往生際のいいあきらめのいい人になってみてはどうですか?こっち側の人間になってみませんか?人生楽しくなりますよ。

自分のことをいうのもなんですが、私って結構あきらめがいい方です。すぐにあきらめてしまいます。欲しい車があって、自分に買えないと思ったらすぐにあきらめます。うまそうな料理があっても値段が高そうだったらすぐにあきらめます。物欲、食欲にあまり拘りがなく、服はユニクロ、ランチは餃子の王将でこと足りています。

仕事は?ちょっとは頑張りますが、ブラックに達したらすぐにあきらめます。別にサボっているわけではないですよ。無理しない範囲で続けているだけです。

恋愛は?
すぐにあきらめますね(笑)
だから、失恋ばかりしていました。

ずっとあきらめることは悪いことだと思っていましたが、今は違います。今はあきらめることの素晴らしさを覚えたから、あきらめることを楽しんでいます。

あきらめるとは、物語作りです。
たくさんあきらめれば、それだけたくさん物語が作れます。たくさん失敗してたくさんあきらめる。失敗した数だけ思い出が残る。いいじゃないですか、あきらめるということは。それだけ人生楽しめますから。

私はコツコツ努力方で粘り強い性格の持ち主です。この特徴がブログにも出ています、15年間、毎日のように記事を書き続けているからです。そうとう粘り強く、忍耐力も抜群だと思っています。でも、片方ではあきらめも早いのです。嫌なことはさっさとあきらめてしまいます。粘り強い性格とさっさとあきらめる性格。この二つの性格を同時進行させて生きているのが今の私です。

皆さんもあきらめのいい人間になってはどうですか?

あきらめの悪い切りのよくない人間になるより、さっさとあきらめて切りのいい人間になったらどうですか?人生切れ切れで踊った方が楽しいですよ(笑)

切れのいい人間は物事が分かっている人。

切れの悪い人間は物事が分かっていない人。

若いときは物事が分からなくて切れの悪い人間でも仕方ありませんが、成長して大人になったら物事の分かる切れのいい人間になりましょう。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

先生の言う通りだと思う。
特に女性は、男性に執着する人が多い。
諦めの良さ悪さ、物分かりの良さ悪さは、人には執着するかしないかに似ていると思います。
自分以外の人間には執着しないのが一番です。
自分が求めているものが、他人の中にあると思わない方が良い。

No title

王将いいですね。
わたしの住んでいるところには王将もユニクロもありません。
幸楽苑としまむらはあります。
でもそれで結構満足しています。
しまむら、ヤオコー、ベルーナ、私の出身地埼玉の誇りです。

No title

しまむらの服も買ってますよ。
ヤオコーも買い物に行きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する