ホーム > 人生哲学 > 過去を振り返ってみて、そこから生きるための方向性を見つける。
「過去は振り返るな!」とよく言われます。

私もどちらかというと、その意見に賛成です。

嫌な過去を振り返っても仕方ありません。失敗した過去、辛い思いをした過去、恥をかいた過去、人にいえない恥ずかしい過去、思い出すたびに嫌な気分になる過去は振り返るものではありません。

嫌な過去を忘れて前に進むべき。ですが・・・過去のトラウマがしがみついて前に進めない。そういうことは誰にでもあると思います。

例えば、過去の恋愛において失恋をした。失恋のトラウマは現在も引きずっていて、また同じ失敗をするのではないだろうか?また同じ嫌な思いをするのではないだろうか?と過去の失敗や嫌な出来事がトラウマとなってそれが現代に蘇り、また同じ事が繰り返されるのではないかと心配する。こういった経験は誰にもあると思います。

過去に音信不通にされて嫌な経験を持っている人は、現在の彼氏と3日連絡が取れなくなっただけで、過去に音信不通にされた経験を思い出して、あのときのしんどい思いが走馬燈のように蘇ってくる。

また過去に浮気をされた苦い経験を持っている人は、彼の携帯に女友達から連絡が来ただけで嫉妬してしまい、昔の男にさんざん浮気をされて嘘をつかれた嫌な過去が走馬燈のように蘇ってくる。

過去に振られた人はまた振られることを心配する。

過去に浮気された人はまた浮気をされることを心配する。

過去に音信不通にされた人はまた音信不通にされるのではないかと心配する。

過去に嘘をつかれた人はまた嘘をつかれるのではないかと心配する。

過去にDVを受けた人はまたDVを受けるのではないかと心配する。

過去の失敗や嫌な思い出は書いても書き切れないほどたくさんあるので、この辺でやめときます。人間の数だけ、過去の失敗や嫌な思い出があるということです。

おびただしい、おぞましい過去は、忘れて前に進もう。前向きという言葉は前に進むためにある。過去を振り返るためにあるのではない。

確かにそうだ。
前向きという言葉「前に進むためにある」。だから、過去を振り返ってはいいけない。過去を振り返れば、後ろ向きになり前向きでなくなる。その通りだね。

では、なぜ人は過去を振り返るのか?
しかも、妄想を抱きながら・・・なぜ過去を振り返るのか?

それは、学習ができていないからです。
過去からの学びが生かされていないから。過去の失敗を克服できていないから。過去の失敗からの方向性がちゃんとできていないから、人は過去を振り返ってしまうのです。

つまり、経験は人間を成長させるのですが、成長できなくて逆に後退している人間がいるということです。後退している人間が過去を振り返ってしまうということです。過去から学びを、現在に生かすことができてないのです。

過去からの学びが生かされていない人とは?

例えば、
振られたのは自分が感情的になって相手を追い込みすぎたから。正義感が強すぎて、彼のやることなすことが許せなかったからヒステリックになって彼を責めてしまった。それで彼に振られた。ここから学ぶべきものがあるのに、未だにわたしは常識のない人やいい加減な人を見ると、カーッとなって切れてしまう。世の中で不公平で当たり前、非常識な人にも寛大な心が持てればいいのですが、未だに持てない人。


音信不通になったのも彼の仕事に忙しさが原因だったが、当時のわたしはそのことを知らず、彼のことを恨んだ。友達に相談すれば「本当に彼女を愛していれば、いくら仕事が忙しくても連絡くらいするはず」というアドバイスを鵜呑みにしてしまい、「連絡を寄こさないとことは、もうわたしのことが嫌いになったのね、さようなら」と自爆してしまった。ここから学ぶべきことがあるのに、未だにわたしはちょっと連絡が来ないだけで、当時の嫌な思いが蘇って胸が苦しくなってしまう人。

このような人は、過去からの学びができていない人です。
過去の学習ができていないから、前に進むことができないのです。

前に進むためには、反省することです。

過去は反省のために思い出していいのです。現代に嫌な予感がしたら、過去を思い出してください。そして二度と過去みたいな失敗をしないこと。これを過去から学び、過去を反省し、過去から学習することを意味します。そうすれば、過去の失敗から、ちゃんとした方向性を見出せるようになります。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

過去に私が浮気して別れた人がいます

結婚したのに満たされず
なにかいつも探していました

寂しい寂しいって言って私のために
働いてくれているのに
仕事の苦労も稼ぐ大変さも知らない私は

一緒にいてくれない旦那を苦しめていました

幸せになりたくて結婚したのに私は努力を
放棄してしまった

自分の感情に負けて
うまくやれたはずの結婚生活

つけた傷は一生消えない

旦那さんを大事に
しなければ旦那さんは帰ってこなくなります
自分だけ大切にしていたら

自分の気持ちだけ大切にしていたら

もっと一緒にいたいって
好きだからそう思うのに

好きをバネにせず不満タラタラ
私も男なら聞きたくない

仕事帰ってきて自分の不満なんか

褒めてくれたら頑張れるけど

寂しさを乗り越えて一緒にいる人を大切に
すること

自分の負の感情を自分でコントロールすること

相手に任せっきりにしないこと
自分の嬉しさ
自分の心地良さ
自分のしあわせ

人生が彼ばかりになってしまうと
彼しか見えなくなってしまうと
彼の言動ひとつひとつが大きくなって

それくらい好きになった証だけど
自分ばかりが好きなような勘違いをして

受け取ることを忘れてしまいます
一緒にいるために努力してくれる相手を
尊重していれば別れなど起きなかったかも
しれません

自分の幼さや未熟との闘いなんだなって
思います

欲をコントロールすること
それって本当?って疑うこと

振り回すことばかりで愛情感じてるようじゃ
稚拙

安心させること

こんなに良い子なのには
まだまだ
自負が強い

相手からいい女だと思われて言われない限り
自惚れないこと

好きが有り余るなら
それくらい熱心に何かに夢中にならなきゃ
彼はつまらない女と見てしまうのかな

私ももし男性で仕事していたら
ただ待っている女より
好きなことしながら一緒にいてくれる方が
気が楽かな

私ばっかりより
半分くらいの方が気が楽

全部人生背負ってる感じだと重くて息苦しいです

俺が全てなの?
楽しみは?
好きなことは?

いいのそれだけで
俺だけでいいの?
完璧にしなくちゃって力んじゃうかな


リラックスしながら一緒にいられること
心をいつも豊かに
不満溜めず
不満に思ったら
好きになったところ思い出して

大事に一緒にいたいです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する