ホーム > 人生哲学 > 最後まであきらめないとは?それは失敗になれることです。
失敗は嫌なものです。
失敗する度に心はふさぎネガティブになります。こんなんじゃやんるんじゃなかったという後悔もつきまといます。失敗ばかり続くと、嫌になってうつにもなるでしょう。

そこで思い出してほしいのが「成功したかったら失敗しないさい」という言葉です。失敗であえいでいる人はこの言葉にどんな救われることか。私もこの言葉に救われ、励まされました。

失敗は「成功の母」ともいいます。「そうか、失敗するたびに成功に向っているんだな」という励みになります。

失敗にはなかなか慣れません。「こんちくしょう」と思うだけです。そして「自分はなんてダメな人間だ」と自分をさげすますだけです。

こんちくしょうと思って自分はダメな人間だとさげすます・・・でもね、これがあきらめないという精神が宿ることになるのです。不思議なものですね人間の心は。

失敗してもあきらめないとなれば、うつになっている暇がありません。失敗してもチャレンジを繰り返すから、休んでいる暇がなくなるのです。人間は不思議とだんだんと失敗に慣れていきます。

ここまで懲りずに失敗を繰り返せば、人間にある力が備わってきます。この力をなんというのか?私は信念と呼んでいます。またの名を根性というのでしょう。あるいは強靭な精神力というのかもしれません。

いずれにしても、ここまでくればもう大丈夫。あとは目的を達成するだけです。成功したかったら失敗しなさい。この言葉の意味が分かりますか?わからない?では説明しましょう。

あなたの目的はひとつの山です。
前半の登りは失敗だらけです。
それでも引き返さず山を上り続ける。
すると、後半の成功の頂に登頂することができるのです。
つまり、前半が失敗、後半が成功ということです。

終わりよければすべてよし。
これが人生の醍醐味です。

最初よくても終わりが悪ければ最悪の人生。
最初は悪くても終わりがよければ最高の人生。

最高の人生を歩むためには、終わりよければすべてよしの人生を歩むことです。

あなたの人生は失敗続きだったのかもしれません。でも、最後に良くすることができれば最高の人生だったということです。

では、始めましょう。
あなたは好きな人にフラれました。
現時点では最悪な人生です。
それで、あなたは次の人を見つけようと行動しました。

しかし、失敗続きです。
ロクな奴がいません。


周りにいるのは変な人ばかりです。残っている男はカスばっかり、好きなれる人はこの中にいません。合コンに出かけては挫折、婚活パーティに出かけては挫折、結婚相談所のお見合いで挫折、アプリで知り合った男性に音信不通にされて挫折。ホント飽きれるほど失敗ばかりが続きます。

ここまでうまくいかないことが連続で続くと、それは鬱になりますね。婚活うつ。ああ、いやだいやだ。自分がこんな状態になるなんて夢にも思わなかったとなるでしょう。

はい、ここで思い出してください。
「成功するには失敗しないさい」という言葉を。


あなたは山の前半の失敗の谷にいます。ここで引き返すのですか?ここで登頂ををあきらめるのですか?あなたの人生の登山をあきらめるのですか?

あきらめるのが嫌だったら。
はい、また登ってください。


明日から気持ちを切り替えて、婚活をしていきましょう。そうねここまで来たら婚活という名前を変えましょう。これからは婚活ではなく就活です。「さあ、いざ就職です」あなたが目指す永久就職先に入社しましょう。

あなたは今、前半の失敗にいます。
もうすぐです。後半の成功の明かりが見えるのは、そこまであきらめずに頑張りましょう。




最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

10月23日(土)に対面鑑定いただいた者です。たくさんアドバイスいただきありがとうございました。

沖川先生に言われたとおり、鑑定後その日のうちに二黒土星の元彼さんへ5年ぶりにLINEを送ってみました。
やはり予想通り、現時点では返信がありません(笑)
しかし一応メッセージが読まれた形跡が残っているし、着信拒否やブロックされていないようなので、私のことを完全に拒否はしていないのかな…?と感じました。
ま、復縁が目的ではなく「貴方のお仕事を応援していますよ」とエールを贈るのが最大の目的でしたので。ひとまず目的達成です。

あとはこれから先の新しい出会いに向けてひたすら前進するのみです!

色々重なり心身共に疲れたけど、やっぱり幸せになりたいからまた頑張ろうかなと思える記事でした。ありがとうございます。

同じ失敗を繰り返さないためには、気付く事が大切ですよね。
私は山登り半ばで気付く事が沢山ありました。
他人の事は良くも悪くもよく見えますが、自分(私)の事はあまり気付いていなかったと反省しました。 

別れた彼を子供と感じていましたが、私も同等の子供でした。私に必要があって出会っていたのですね。気付かせてくれた彼との出会いにありがとう、そしてお幸せに という気持ちです。

幸せになるために失敗を糧にし、また山登り始めます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する