ホーム > 人生哲学 > 人生は2回ある。二つの人生を楽しもう。とくに2回目は充実した人生を送ろう。
先日仲の良い50代の男性が鑑定に訪れた。

二人とも51歳の三碧木星。
一人は経営者で、一人はそこの従業員。古くからの友人らしく二人とも仲が良い。

「手相をみてもらいたくて来ました」これが第一声。すると私は「秘密がバレますけどいいですか?」と聞く。二人は大笑い。「いいですよ、バレても、こいつのことは何でも知っていますから」と、なんでもありの和やかな雰囲気で鑑定が始まる。

経営者はバツ2。1度目の結婚は18歳、2度目の結婚は27歳、30までに2回も離婚している。さすが三碧木星、早く結婚して早く離婚してしまう。仕事運はどうか?というと、天下取りのマスカケ相、仕事の能力は高い。

自分の目標は達成した。次なにをやるか?次の目標が見えないという。50代の男性によくありがちな燃え尽き症候群。30年働いて一通りの目標が達成すると燃え尽き症候群みたいな停滞期に差し掛かることはよくあること。

手相では4年後の55歳に人生最後のパートナーの線がある。この人を大切にして100歳まで生きなさい。「ええ、100歳まで生きるの?」それは・・・嫌だな・・・きついなと顔色になったが、「大丈夫、仕事運がいいから80歳まで働く力ある。」「マスカケ線はとことんやる相。50過ぎてから第二の人生が始まる。今度は離婚しないことだね。」とアドバイスする。

もう一人の従業員の手相は。マルチで、性格は明るくて調子がいい。リーダーをサポートするには丁度いい手相となっている。この人も20代で結婚して30前に離婚している。「今彼女がいるでしょ」と私が言ったら、「え!なんで分るの?」とビックリしていた。

「彼女がいるが、あまり大事にしていないね」というと、参ったな・・・という顔つきになった。「自分はいつもこの女で最後にしようと思っているのだけど、いつも最後にならないんだよね」と嘆いていた。

「それは君が浮気をするからだよ」とズバリいうと、隣にいた友達が大笑いする。

「寂しがりやで女の子が大好き、女のけつばかり追いかけているね」というとさらに大笑い。

こいつのことは何でも知っているがごとく、笑いの渦に包まれる。

まあこんな話は女性の前ではできないが、男同士だ!無礼講でいこう。

女好きで浮気癖の多い彼だが、なぜか憎めない。

性格が素直で明るい。また一途なところもある。自分の人生を今後真面目に真剣に生きたいという気持ちも伝わってくる。だから、憎めないのだろう。おそらく付き合っている彼女も、彼のことが憎めないのだろう。さんざん振り回されているけどね。

そして、彼にも55歳で人生最後のパートナー線がある。

二人とも55歳で再婚。
人生の折換え地点。
2回目の人生だ。
もうふざけないで、全うにいい人生を歩んで欲しい。

人生は2回ある。二つの人生を楽しもう。とくに2回目は充実した人生を送ろう。

仕事は頑張っているが、対女性に対しては頑張っていない。どちらかというと女性を振り回している。「これじゃ良い人生送れないよ、人生の折換え地点では女性を大切にしようか」と忠告して鑑定を終る。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

私の元彼も三碧木星で、今回鑑定された後者の人と気質が似ているので笑ってしまいました。
寂しがり屋でチョロチョロしてるのに、素直で憎めない。
本人は一途だと思っているが女性からすると理解できない。
私はついていけなかったけど、きっと彼に合う人もいるだろうから幸せになってほしいと願っています。
ちなみに、私も振り回されっぱなしだったので、もう二度とごめんですけど!笑

このお二人にも今後は女性を大切に、第2の人生を充実させて下さい。の先生の言葉が響くといいですね。
響くかな~?怪しいな~笑

時々お世話になってる業者さんも社長?と従業員だけど相棒みたいに仲良しです

気心知れてる仲で仕事できるって幸せだよなぁ〜と傍目から見て羨ましく思います
見てるこっちも楽しい二人の仲の良さを動画で残したい位です
くだらない事言ってゲラゲラ笑ってる姿は青春そのもの

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する