ホーム > 人生哲学 > 好きになるのが先か?条件をみることが先か?どっちが先なの?
どっちが先?
それは条件の方が先ですね。

しかし、恋愛の多くは条件よりも自分の感覚で判断していることが多く、ほんとんどが自分の直観に従って恋愛をしています。

フィーリングが合うとか、話が合うとか、食べ物の好みが一緒とか、価値観が一緒だとか、何時間も会話が楽しく続くとか、こういった感覚で相手のことを好きになっている。人は自分の直観に従って人を好きになっています。

自分の直観に従う。
それはそれで、とても素晴らしいと思います。自分の好きなタイプは自分の直観に従うのがいちばん正しいからです。

ただし、あなたの直観が正しければね。

そう、そこなんです。

直観が正しければいい恋愛に発展し、直観が正しくなければ悪い恋愛に発展します。悪い恋愛に発展したのは、自分の直観が正しくなかったと改めるしかありません。

直観が正しければ、苦労をしなくていい相手と付き合うことができます。そして後から出てくる条件もいいものになります。直観で好きなって条件もいいとなれば、理想的なパートナーとなれます。

反対に直観が正しくなければ、苦労ばかりする相手と付き合うことになります。後から出てくる条件も悪く、最悪なパートナーとなってしまいます。

直観が正しければいい男運に恵まれ、直観が正しくなければいつも男運が悪いという状態になります。

こういうことがよく起きているのですね。

どうしましょうか?


そうね、ひとつ提案をするとなると、直観を磨くことですね。

男運の悪い人は、是非直観を磨いてください。

どうやって?

さあ?

いずれにしても、あなたはいつも運の悪い男ばかりを引き寄せています。運を悪い男を引き寄せないように自分の直観を改善することですね。

どうやって?
それは、原理原則に従うことです。

お会いした男性がネガティブだったら原理原則違反でしょ。会社の不平不満や上司に対する恨みや同僚や部下の悪口ばかり言っている人は原理原則違反でしょ。仕事が忙しいとか、会社がブラックだとか、この仕事にやりがいを感じないとか、自分は正しく評価されていないとか、仕事や社会に対する不満の多い人は原理原則違反となります。

また育った家庭環境がよくなかったとか、親からの愛情がなかったとか、兄弟におかしな奴がいるとか、貧困だったとか、いまの自分の運の悪さを劣悪な家庭環境のせいにしている人は原理原則違反です。

そういった男性のネガティブ思考に対し、「私も同じだわ」と感じるから、変な直観が働いてくるのです。

人は自分と同じものを引き寄せます。仕事に不平不満があれば、仕事に不平不満のある男性を引き寄せます。家庭環境が悪かったなら家庭環境の悪い男性を引き寄せます。人は同じ境遇の人を探し求めているのです。

見た目は真面目でも、男運の悪い女性がいます。清楚な女性がなんでこんな男と付き合うの?と思われるかもしれませんが、そこにはちゃんと理由があるのです。表向きは清楚でも、過去の境遇が暗かったのです。だから同じ境遇の運の悪い男を引き寄せて付き合ってしまうのです。

そこで、どうすれば悪い男運を改善することができるか?となりますが・・・答えは簡単です。

原理原則に従って生きていけばいいのです。
原理原則に従って生きている人は自立しています。もういい大人です。いい大人がいつまでも家庭環境の悪さや、仕事の愚痴をいうものではありません。

過去を反面教師にして、現在の環境をよくすること。そこに一生懸命努力すれば、あなたの男運の悪さは改善されます。改善されれば、もう運の悪い男はあなたに近づかないでしょう。これからは、条件がよくてあなたを大切にしてくれる男性みのが引き寄せられるからです。

人の直観は過去の行いからできています。ですから過去が悪ければ直観も悪くなります。過去を反面教師にして現在の環境をよくする努力をすれば、直観もよくなります。今の努力は未来の直観にいい影響力を与えます。直観は過去の行いから来ている。今いい行いをすれば、未来はいい直観が磨かれることになります。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

今のわたしにグサッとささりました。
ひと回り以上離れた年下の子を好きになり、今うまくいっていません。
というより、向こうが逃げている状態かな?
条件をみて、いい恋愛をしたいです。
なかなか好きにもなれないのも困ったものですが。
また電話相談させて頂きたいと思います。

沖川先生
私もグサリと来た内容です。
男運の悪さは自分の行いなのですね。
ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する