ホーム > 人生哲学 > あなたが男性を支えたいのなら、支え甲斐のある男性を選んでください。
本来なら男性が女性を支えるべきです。ところが、女性が男性を支えているケースも最近は増えてきました。

女性が支えるのは、一時期的なもので一生ではありません。彼が成長するまでの期間です。

女性の喜びは好きな人の成長です。自分が支えて彼が成長する姿を見てみたい。

自分の支えで彼が成長している、瞬間瞬間を幸せに感じたい。

まるで、我が子の成長を見て幸せを感じる母親のように。

そして、彼が成長したら最終的に今度は自分が彼に支えてもらいたい。これが女性の願望となります。

けなげな女性の力は凄い!
「男の成功の影に女あり」女性の支えは、これが出来ちゃうから凄いと思います。古今東西、世界で成功した人は、多かれ少なかれ女性に支えられた人といっても過言ではないと思います。

ノーベル賞取った人も、大企業の社長になった人も、大臣になった人も、将軍になった人も、女性の支えがあったから出世できた。歴史の紐を解けば、みんなそうなっています。「男の成功の影に女あり」という言葉はここから来たのではないでしょうか。

なぜ、彼らは出世できたか?
答えは簡単です。
「愛」があったからです。

逆に愛がない人は出世できないということです。男の成功は影に女の力あり。やはり、男性は女性を愛されないと出世できないというシナリオが、宇宙の真理として刻み込まれているということです。

あなたが彼を支えたいというのなら、私は賛成します。是非支えてあげてください。そうすれば彼は男として成長して、「男の成功の影に女あり」というような歴史上の人物になるかもしれません(笑)

しかし、男性を支えるのは難しいことです。中にはあなたに支えられるのを拒む人もいるでしょう。

面倒くせーな、うぜぇな、しつこいんだよオマエは、誰がオマエの助けを必要とするか!ほっておいてくれ、という中学生の反抗期みたいなガキもいれば、メンタルが弱くて何か嫌なことがあるとすぐに殻に閉じこもる自閉症みたいな人もいれば、何をやっても失敗ばかりしてしまうダメ男もいます。そういう人はあなたの支えを拒むでしょう。

支えるといっても、拒んでいる人は支えることはできません。なぜなら彼らは女性の愛を必要としていないからです。

あなたが支えるのは、あなたの支えを必要としている男性のみです。助けを必要としない男性は支えることはできません。

支えることが難しくなるのは、支える相手を間違えるからです。選択を間違えないようにしてください。間違ってもあなたの助けを拒んでいる男性を支えようとしないことです。

それを、どうやって見極めればいいのですか?

ひとことでいうと、あなたの言葉に感動する男性です。
そして、あなたの助けに対して「ありがとう」と感謝ができる男性です。つまり、支える男性にも支える素質があるかどうかということです。

今まで僕は世間からはダメな男というレッテルが貼られて評判が悪かったが、君だけが僕のことを信じてくれた。君だけが僕の可能性を理解してくれた。君となら今後も一緒にやっていきたい。

君だけだ、僕の味方は。
この言葉を発する男性は、あなたの言葉に感動しているのです。あなたのひとつひとつの言葉に、他人とは違う強い意志を感じるからです。それは、全面的に自分のことを信用していることがあなたから伝わるからです。

この女性だけだ、僕の可能性を信じてくれるのは・・・男はそうやって感動するのです。

あなたが支えていいい相手は、あなたの言葉に感動した男性です。そしてあなたのことを全面的に信頼している男性です。そういう男性ならあなたの助けに感謝をするでしょう。

どうせ支えるのなら、「やりがいを感じる相手を支えなさい」ということです。やりがいを感じない相手を支えても、苦労の割には何も報われません。

女性が支えるのは、一時期的なもので一生ではありません。彼が成長するまでの期間です。彼が成長したら最終的に今度は自分が彼に支えてもらう。この願望を達成するためには、支え甲斐のある男性を支えることです。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

必要な時は支える事ができる女性でありたいと思います。でも尽くす女、支える女にはなりたくない。

いつか愛してくれるだろう、いつか優しい言葉をかけてくれるだろう、と願って尽くしているのかわかりませんが、
その素質にない男性は殆どが寿命近くでお前で良かったのような言葉を出すようです。 尽くす事が幸せだと強い信念のもとなら辛くはないでしょうが、見ていると幸せな女性の人生と感じとれない表情をしています。

自分の精神力は尽くし続ける女性ほど強くないのを自覚しているし、それは自分を犠牲にしていると考えるほうなので、女性がお母さんにならないと関係が成り立たない男性は私には重荷です。

愛し方を間違えると自分を見失い人生をダメにするように思います。 自分の経験と知り合いを見ていて学びました。

やっぱり私は母のようにパートナーから愛され支えられ大切にされたいな。

昔数年間お付き合いしてた彼、交際中に2回昇格していました。
仕事が忙しくプレッシャーが重くて大変そうだったので、ただ陰ながら応援し労いの言葉を掛けたり、仕事が落ち着くまで彼を信じて待っていました。

久々に会えた時、彼に「付き合い始めてからお陰様で仕事に精が出るようになったし、今は落ち着いて安定してきてるよ。ありがとう」「これからも心の支えになってほしい」と言われた時は心を打たれたのを覚えてます。

いろんな事情があって結局別れてしまいましたが、自分という存在が相手の力や成長の源になっていたのならとても嬉しいことですし、今となっては幸せな思い出です。


素敵な方ですね。
強い意志と寛容な心をお持ちな方と思いました。素晴らしいです。

私はあなたみたいなタイプの男性に愛され結婚したいと思いました。

また、私もあなたのように陰ながらそっとさりげなく支える事ができる優しい女性になりたいと思います。


No title

ひよっこ さんは理解力のある女性ですね。

名無しの方へ。
自分という存在が相手の力や成長の源になっていたのならとても嬉しいことですし、今となっては幸せな思い出です。
いい思い出ですね、大切にしてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する