ホーム > 人生哲学 > 仕事が成功しても不幸な人はいます。孤独で生き甲斐を失った男性が。
仕事のために愛を犠牲にした男性。

「恋愛は仕事の邪魔だ」、「家族は仕事の邪魔だ」といって彼女と別れた。家庭を持っている人は離婚した。仕事の邪魔だといって愛を放棄した男性。

邪魔な存在がいなくなって、確かに仕事は成功した。余るほどのお金も手に入れた。それで良かった、おめでとうというべきだが、本人はぜんぜん浮かばれない顔をしている。

愛を犠牲にして成功を手に入れたのだから、それで良かったじゃないか、金さえあれば何でも手に入る。愛も幸福もお金で買えるし、普通の人が買えない欲しいものが何でも手に入るではないか。こんな幸せなことはないと本人も自分に言い聞かせるのだが、空しさだけがこみあげてくる。

それで良かったのかな・・・
今は成功してお金もある。だが、自分が求めている愛がそこにはない。汚れのない純粋な愛がそこには…ない。


あの頃に戻りたい。
貧乏でお金がなかった時代に。あの頃付き合っていた彼女と別れないであのまま付き合った方が幸せだったのかもしれない。なのにオレは仕事の欲望にくらみ彼女を捨てた。純粋に僕のことを愛していた彼女を、僕は仕事の忙しさを理由に無視して放置した。僕は彼女の愛を犠牲にして仕事を選んだ。

彼女を傷つけた。
これ以上ないほど傷つけた・・・。

今更悔やんでも悔やみきれないが、いくらゴメンねと謝っても許されないと思うが、今でも僕は彼女のことを愛している。

でも、彼女は遠い存在となってしまった。今頃彼女は人の妻となり幸せに暮らしているだろう。今の僕は遠くで彼女の幸せを願うしかない。



あの頃に戻りたい。
安月給で家族がいた時代に。二人の可愛い子供にも恵まれ、妻と二人で頑張っていた時代に戻りたい。子供たちの成長を楽しみながら生きていた時代に戻りたい。なのにオレは仕事の欲望にくらみ家族を捨てた。純粋に僕のことを愛していた妻や子供を仕事の忙しさを理由に無視して放置した。僕は家族の愛を犠牲にして仕事を選んだ。

離婚して10年。
家族を傷つけた。
これ以上ないほど傷つけた…

高校生の娘はどうなっているだろう。中学生の長男はどうなっているだろう。別れた妻は再婚して新しい家庭を築いているらしい。今の僕は遠くで家族の幸せを願うしかない。

愛する彼女を傷つけ。
愛する妻を傷つけ。
愛する子供たちを傷つけ。
僕は仕事で成功した。

ずっと欲しかった仕事の成功を手に入れた。
贅沢できるだけのお金も手に入れた。

でも、空しい。
それを手に入れるために、あまりにも犠牲が大きすぎたからだ。

周りの人は仕事が成功して金持ちになって羨ましいという。これで何でも買えるし、何でも手にはいる。地位も名誉もお金も手に入って幸せですね、と周りの人はいう。

僕からすれば、周りの人の方が羨ましい。
純粋に愛する彼女がいる。純粋に愛する妻や子供たちがいる。そっちの方が羨ましい。

手に入るではないか。
今からでも。

もう遅い。
自分は歳をとった。
身も心も汚れてしまった。

もうあの時代には戻れない。
あの時間は、あのときでしかない。
あのときは、二度と帰らない。

二度と帰らないあのときを、僕は仕事の犠牲にしてしまった。なんてことをしてしまったと・・・今は後悔しかない。

仕事が成功しても不幸な人はいます。孤独で生き甲斐を失った男性が。二度と帰らないあの時を思い出して、嘆いている男性が。

あのときいた彼女を。
あのときいた妻や子供たちを。
もっと大事にすればよかったと。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

恋愛の為に娘を犠牲にしてしまった。結果その人とは別れてしまった・・・・娘とは音信不通。何てひどい母親だろう・・・どれだけ傷つけてしまったのだろう。離婚して2人で暮らして幸せな日々。けれど寂しさのあまり恋愛に走った私・・・何も言わなかった娘。へその緒を送り去って行って7年。娘が30歳の時プレゼントを贈った。その時だけ返事が来た。それ以来、ラインしても既読にならないショートメールしても返事は無い。元旦那の母から東京にいる事は聞いたが・・・3年経った今、その義母も返事がない・・・
だから、この方の気持ちは分かります。歳を取って時間に余裕ができると、ふと若かった頃の無茶な事を思い出す。その時はそれでいいんだと決断したのに・・・でも悔やんでも時間は戻らない。

それでも、その方も私も気付いたのだから・・・その事に・・・だから大丈夫です。貴方は人の痛みを知ったのだから・・と思います。幾つになったも人生はやり直せると信じてます。
気付いた時からリセットです・・・確かに年齢は取り戻せませんが(笑)
たとえ残り少ない年齢になったとしても・・・独りきりで寂しいなとネガティブな雲が時々襲いますが、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせてます(笑)

どうぞ、この方に幸あれ



沖川先生にお会いしてから1年。ようやく失恋からの痛みが癒えて前を向けるようになりました。

私の彼もそうでした。30代半ばの手前でようやく念願の海外派遣留学が決まった途端、「俺の人生かかってる。余裕がない。結婚は今は考えられない、未来がどうなるか分からないのに待っててとは言えない、遠距離恋愛はリスクだ。自信が無い」と一方的に振られました。
それまで彼の夢が叶うよう心から応援し、彼が勉強、仕事に集中できるようデートも我慢し、気遣ってきた私の存在は何だったんだろう。
彼にもいつか"人生で何が本当に大切なのか"に
気付いて欲しい。
と、願いつつも半分諦め、半分呆れの気持ちで別れを受け入れました。そんな彼は来年の夏に帰国予定です。

沖川先生、こういう男性は何をきっかけに後悔するのでしょうか。自分の成功が叶うまで気付けないのでしょうか?それとも、周りの友達が結婚し幸せな家庭を築き自分が取り残されたような心境になる環境や年齢が彼に気付かせるのでしょうか。

彼に後悔させられるような、他の男性が放っておかないような、器の大きな素敵な女性になれるよう自分磨き頑張ります。

仕事が忙しい、自分の事だけで精一杯。
こんな理由で毎回放置されます。
私はそんな彼の状況を納得はしないけど、受け入れています。いつも自由奔放な彼だけど、良くない面も含めて受け入れると決めました。彼を支えるなど大それた事はしません。私は私、彼は彼。お互いを尊重する関係性を築きたいんです。
でも、そんな私の受け止めようとする努力や愛情が報われません。いつも放置され、私はいつも待ちぼうけ。そんな考えがつきまといます。
彼自身は恋愛したがっています。結婚もしたがっています。基本寂しがりやなので。恋愛するのにも、結婚するのにも責任が必要なのに責任を全うしない彼。今後も変わる事はないのでしょう。
私が愛想をつかして去ったら、彼は後悔すると思いますが、どうせ一時的なもの。あの時は仕方なかった、と自分を正当化させるんでしょう。そしてまた寂しさとの戦い。
いつまでも同じ事の繰り返しだよ。一生そうやって生きていくのは辛いでしょ。どうせ後悔するぐらいなら、私と一緒に少し頑張ってみようよ。私が苦労してもいいって言ってるんだから、いいんだよ。後にも先にも、こんな女性に出会うのは難しいよ。私は「一緒に頑張りたい」という決心をしてほしいだけなの。

こんな考えは自分でもバカだなと思います。もっと私を大切にしてくれる人を探すべきなのに。恋愛って何歳になっても難しいですね。

mikiさん

娘さんはいつの日かお母さんは母であり
一人の女性である事を、自分の経験を通して理解し受け入れる事ができる日が来ると思います。 「お母さんは寂しかったんだ」って。 その時会いに来てくれるし、あの時のように幸せな親子関係になれますよ。

娘さんといつか再会するその時のために。
健康に気をつけて、素敵なお母さんでい続け、女性として輝いていて下さい。

あの時も、いつか再会した時も、やっぱり大好きなお母さん!でいて下さい。

食いしん坊さん

心中お察し致します。
彼はいつ後悔するのでしょうか。私も男性の後悔はどのタイミングなのか興味あります。 私は食いしん坊さんの心境の時、後悔はその人のものなのでその人の一人作業に任せよう。私の後悔とは何かを考えました。 割り切れない気持ちや通じない気持が辛い時もありました。その時を思いかえせば至らない所や反省も沢山あります。自分なりに彼へ配慮した努力や、辛い苦い思い出は、いい思い出になるまで時間を要しますが、自分の未来への投資と思っています。 "あの時の経験があったから今があるんだ" "あの辛くて、寂しくて、それらの傷ついた経験は血となり肉となって今の私がありこれからに繋がるのだ。
そう思える日が必ず来ると信じています。

食いしん坊さんにとって後悔は何ですか?

私も食いしん坊さんを見習って、サボってる自分磨きを頑張らなきゃ。。その前に問題片付けなくちゃ。。

寒くなりましたのでお体ご自愛ください。

ソエりんさん

音信不通、放置。辛いですよね。。
なんでこんな辛い思いをしながら、彼の事が好きなのでしょうね。何で彼の事が好きなのでしょうか。この恋愛物語の主人公になったのは何故なのでしょうか。
何でこんな状態になったのでしょ。
色々思いますよね。

恋愛って難しいですね。
人を成長させてくれます。

パワーいりそうですね。彼への想いをパワーにして頑張ってください。

No title

ひよっこさん

ありがとうございます!!

そうですね・・・その日が来ることを信じて・・・ありがとうございます!!

ひよっこさんへ

他の方から私宛にお言葉を頂けるとは思っていなかったので、驚きとともに大変嬉しく感じています。ありがとうございます。読んでいて涙が溢れ出ました。

食いしん坊さんにとって後悔は何ですか?

自分でもはっきり分かっていないのですが、おそらく、自分を見失っていたこと、自分に素直になれなかったことでしょうか。
別れたことには後悔はしていないんです。というか、あれ以上孤独な気持ちは耐えられなかったので、別れるしかありませんでした。彼の頭の中は海外に行った後の未来への希望と不安がいっぱいでそこに私が存在する余裕はありませんでしたから。ただ、今思い返すと私にも自分の未熟な点はたくさんあったんだと思います。
寂しかったこと、もっとたくさん会いたいこと、好かれてるのか不安なこと、彼のことが大好きなこと、素直に上手く伝えられませんでした。嫌われたくない、良い彼女と思われたいが強すぎて、無意識に我慢をしているうちにどんどん伝えられなくなりました。そして、ようやく伝えられたその時はタイミングが悪く、結果的に彼の別れの決断に影響してしまったと感じています。
それから、当時自分の仕事が上手くいっていなくて、結婚に逃げたくなっていたのもあると思います。
私もきっと弱くて自分勝手だったんだと思います。こんな結末になるなら、嫌われてもいいから思ったことをその時々で素直に言えていれば良かったと心の底から感じています。

今は、諦めかけてた仕事に全力で向き合っています。自分が好きでいられる自分になりたいと思っています。いつかもしまた彼と会うことが出来たら、笑って会えるような大きな器になっていたい、そして、私の魅力を見て後悔させてやりたいと思っています。
とはいえ、正直まだまだです。今もし彼に会ったら、あの時の悲しみ恨みをそのままぶつけて責め立ててしまいそうです 笑
もっともっと心に余裕のある女になりたいものです。

彼の未熟さ、弱さは嫌なほど分かったはずなのに、未だに彼を忘れていない、そんな自分が本当にあほで嫌になります。世の中探せばもっと素晴らしい男性はいるだろうに。
人生どの選択、決断が正しいのか…
焦っても仕方ないので、その時になれば、その時相応しい男性に出会えると信じて、今は自分を磨いて、自分に素直に生きる練習をするしかないですね。

長文失礼いたしました。
読んでくれた方々、ありがとうございます。皆さん頑張りましょうね。

ひよっこさんへ

他の方から私宛にお言葉を頂けるとは思っていなかったので、驚きとともに大変嬉しく感じています。ありがとうございます。読んでいて涙が溢れ出ました。

食いしん坊さんにとって後悔は何ですか?

自分でもはっきり分かっていないのですが、おそらく、自分を見失っていたこと、自分に素直になれなかったことでしょうか。
別れたことには後悔はしていないんです。というか、あれ以上孤独な気持ちは耐えられなかったので、別れるしかありませんでした。彼の頭の中は海外に行った後の未来への希望と不安がいっぱいでそこに私が存在する余裕はありませんでしたから。ただ、今思い返すと私にも自分の未熟な点はたくさんあったんだと思います。
寂しかったこと、もっとたくさん会いたいこと、好かれてるのか不安なこと、彼のことが大好きなこと、素直に上手く伝えられませんでした。嫌われたくない、良い彼女と思われたいが強すぎて、無意識に我慢をしているうちにどんどん伝えられなくなりました。そして、ようやく伝えられたその時はタイミングが悪く、結果的に彼の別れの決断に影響してしまったと感じています。
それから、当時自分の仕事が上手くいっていなくて、結婚に逃げたくなっていたのもあると思います。
私もきっと弱くて自分勝手だったんだと思います。こんな結末になるなら、嫌われてもいいから思ったことをその時々で素直に言えていれば良かったと心の底から感じています。

今は、諦めかけてた仕事に全力で向き合っています。自分が好きでいられる自分になりたいと思っています。いつかもしまた彼と会うことが出来たら、笑って会えるような大きな器になっていたい、そして、私の魅力を見て後悔させてやりたいと思っています。
とはいえ、正直まだまだです。今もし彼に会ったら、あの時の悲しみ恨みをそのままぶつけて責め立ててしまいそうです 笑
もっともっと心に余裕のある女になりたいものです。

彼の未熟さ、弱さは嫌なほど分かったはずなのに、未だに彼を忘れていない、そんな自分が本当にあほで嫌になります。世の中探せばもっと素晴らしい男性はいるだろうに。
人生どの選択、決断が正しいのか…
焦っても仕方ないので、その時になれば、その時相応しい男性に出会えると信じて、今は自分を磨いて、自分に素直に生きる練習をするしかないですね。

長文失礼いたしました。
読んでくれた方々、ありがとうございます。皆さん頑張りましょうね。

食いしん坊さん

コメントありがとうございます。
私も過去に彼への想いや思考でグルグルモヤモヤした時がありました。優しく思えたり悲しくなったり不安になったり自分を責めたり彼を責めたり、それはもう複雑に巡りまくりました。笑

成長の証か、時間薬なのか、、、距離とは色々思い考えますよね。 確信に落とし込めた時にはもう彼の事は色褪せて見えるかもしれません。もしかしたら、彼に行動したいと思うかもしれません。

食いしん坊さんにしかわかりません。

自分と向き合って、
今の気持ち、自分の素直で正直な気持ち大切にしてください。自分の本心に耳を傾けてあげてください。

自分を知る事は自分軸を作る事なのかもしれません。軸ができるとなんだか安心します。自分自身でいる事に居心地よくなりました。

いい加減→良い加減 
人生は続くのですから息切れしてしまわないように良い加減にて頑張りましょうね。



mikiさん

私は娘さんの立場を経験しました。恨み大嫌いだった母でしたが、時間と経験でコメントしたような気持ちになりました。 嫌いな時の私はやはり子供でした。未熟でした。母が大好きだから嫌いになり反発したのです。 
もっと早く母の気持ちに気付いて、寄り添ってあげられたらと今では悔やんでいます。 

ひよっこさん

自分軸って大事ですよね。
失恋してから、私もそのことに気づきました。
30までに結婚した方が良い、高齢出産を避けるためにも35までに子供は産んだ方が良い、女は婚活では年齢が重視される、女の幸せは結婚出産等々、世間で言われている価値観がたくさんありますよね。私もそれに影響されて焦っていた人間でした。これだけ多くの人の中で浸透し続けているので間違った内容では無いとは思うし、私自身結婚も出産もしたいです。ですが、結局のところその人その人で置かれた環境やタイミングは異なるから、(早めに上手く行くに越したことはないけれど)、みんなが1つのルールに合わせて生きるのは難しいよな、と思い始めました。
周りがどんどん結婚、出産していくのは羨ましいですが、彼女たちを良い先輩、反面教師として、私なりのペースで頑張ります。
何度もコメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する