ホーム > 人生哲学 > 人生で深刻な悩みや問題がない人に、私はお目にかかったことがありません。
こうしたものは、あって当然なのです。
どの人にも、人生の深刻な問題や深刻な悩みがあるのは当然のことです。

しかし、残念ながら、あなたはこれまで、こうした問題を自分自身で腹を割った対話をしなかったことです。

丁度いい機会でです。私と腹を割った対話をしませんか?私はあなたとの対話に全力で耳を傾けますからご安心ください。対話を通して問題点をクリアしていきましょう。

本当に問題なのは、こうした問題を抱えているよりも、この問題をどのように処理するかです。処理にどの程度の努力を払うかです。処理に最良の能力を発揮するのが課題で、深刻な問題に嘆いてばかりいではダメだということです。

もし、あなたが深刻な問題や悩みを避けているのなら、自分の問題を避けて安全地帯に逃げていることになります。何かを成し遂げる努力を面倒になって避けているわけですね。

そんなことをしたら快適でなくなるから。余計なことはせずに、人生を流れに身を任せるているのではないでしょうか。あなたが自分にその程度の要求しかしないということは、あなたは危険を嫌う人生を送っているということです。

危険を避け安全地帯に逃げる。そこが快適ならそのままでいいでしょう。どうぞこのまま快適に過ごしてください。面倒なことはどの人にとっても嫌なものです。面倒臭いことから避けて快適な人生を過ごせるのなら、それに超したことはありません。

だが・・・そこは快適ではなかった。逃げた安全地帯は快適ではく悩みの巣だった。快適である場所が深刻な問題が起ったり、悲観的な悩みが起ったりとすることはよくあることです。

やはり、人間はサボってばかりいると苦しむことになるのですね。やらなければいけないことを面倒臭がってやらないから、天罰が下ってしまうのですね。もちろんこれは天罰でもなんでもありません。これは当然の結果。つまり必然なのです。こうなるのが当然だという現象が起きているに過ぎません。

深刻な悩みとは、実は深刻な悩みではなく、これは単なる問題です。

問題なら、処理しなければいけません。

大切なのは、この問題をどのように処理するかです。

そして、処理にどの程度の努力を払うかです。

まずは処理の仕方を一生懸命考えることです。あなたの問題です。あなた自身がよく吟味して、よく考えた結果、これが最善の方法だという方向性を決めることです。処理の最善の方法が分らない場合は専門家と相談するといいでしょう。経験豊富な専門家ならあなたに適した処理の方法を的確にアドバイスしてくれると思います。

私もそのお手伝いをしています。
困った問題が起きたとき、どのように処理した方が的確か?それをお客様とともに考えています。私のアドバイスの基本は常に原理原則従った方法でアドバイスしています。好きとか嫌いとかではなく、愛しているとか恋しているとかではなく、冷静に客観的な方法で、この問題をどのように処理した方が最善かを常に考えています。

人生で深刻な悩みや問題がない人に、私はお目にかかったことがありません。

だから私のところに来ているのでしょう。それが私の仕事でもあるからです。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する