ホーム > 人生哲学 > 心のフィルターをかけ直せば、弱者が強者になれる。
心って大事だ。
良くも悪くも。



悪い心で世の中を見れば不幸になる。

良い心で世の中を見れば幸福になる。

同じ心なのに、なぜ悪が存在するのか?

それは心のフィルターをかけ間違えているからだ。


良くするためには、悪いフィルターを外して、良いフィルターにかけ直すことこと。そうすれば、世の中が明るく見えるようになる。

では、心のフィルターをかけ直すにはどうしたらいいの?

かけ直すには、心に任せないことです。心には善もあれば悪もあるので、心に支持に従ってはいけないということです。

では、どうやってかけ直すの?

それは、心を支配しているあなた自身がかけ直すと命令することです。

あなたは心の奴隷ではありません。心とはあなたが生きるための単なる道具です。道具の奴隷になって道具に支配されてはいけません。

フィルターにかけ直す命令を下すのは、あなた自身の魂です。あなたの尊厳ある魂だけが、命令を下せる権限を持っています。

感情や心に任せるのではなく、尊厳ある人間の魂、つまりあなた自身の手によって、フィルターをかけ直すと命令することです。



前回、「危機やプレッシャーに弱い人や強い人がいる」という記事を書きました。

弱い人は、危機やプレッシャーに直面すると、パニックに襲われ、頭が真っ白の機能不全となって、ストレスが過敏となって押し潰される。これが汚れた心のフィルターです。

このフィルターをかけ直すには、心に任せてはかけ直すことができません。なぜなら心そのものが汚れているからです。心は汚れたままはびこりますので、ある意味、心とはとても厄介なのです。

この心を制御してフィルターをかけ直すことができるのが、あなたの魂です。人間として尊厳ある力こそが、はびこる心を切り離して、正しいフィルターにかけ直すことができるのです。

これが前回の記事で述べた頭のいい子です。頭のいい子とは、あなたの魂が作り上げた天使です。普段人間が持っている知恵を上手に発揮する天使です。

汚れた心のいうことを聞かず。「はい、フィルターをかけ直そうね」とただ素直にあなたの尊厳ある魂に従う天使です。

心とはあなたの道具です。心に主導権を与えてはなりません。心に主導権を与えれば、心の奴隷になってしまうだけです。

世の中にはたくさんの心の奴隷になっている人がいます。心に洗脳されている人は自分というものを持っていません。自分を持っていないから、いつまでも悪い心に支配されて、不幸のどん底にいるのです。

心のフィルターをかけ直す命令はあなた自身が下すことです。

それができれば、弱者から強者になれます。

強者になれば、危機やプレッシャーに直面しても、俄然張り切って、危機やプレッシャーをバネにして成果を上げるようとします。「これは自分が輝くいいチャンスだ」ととらる人間にもなれます。心のフィルターをかけ直すことで、人間はまったく違った人間になれるということです。


このやり方をいつ覚えるか?それによってあなたの人生が大きく変わるでしょう。

50代、60代で覚えられない人もいれば、20代で覚える人もいます。

あなたは、いつ覚えるかです。

自分の心に、正しい方向に命令を下せる人間になってこそ、始めて自分というものが持てるようになります。

あなたも、それを実践してください。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

心のフィルターのかけ方によって幸福にも不幸にもなれるのであれば、
幸福で楽しく生きるフィルターをかけなければ貴重で短い人生損だと思う。
油断すると悲観的な感情、怨念、憎悪でいっぱいになりますが、悪の
感情に支配されないようにするためには自分にはもう関係のないことだと思って
忘れてしまうのが一番で、新し方向、違う方向を向くことが最善解決策だと思います。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する