ホーム > 人生哲学 > 3か月で熱が冷めた恋愛。(サービス期間が終わった恋愛)をどう立て直すか?
昨今の恋愛は熱が冷めるのが早い。

3か月で熱が冷めてしまう。

熱が冷めるのは男性の方。

最初はあれだけ夢中だったのに、ほんの3か月で熱が冷めてしまう。

まさしく熱しやすく冷めやすいのが、最近の恋愛の特徴となっている。

女性がこれから本気になろうとしたとき、男性の気持ちが下がってしまった。

男性が押せば女性が引き、女性が押せば男性が引いてしまうと現象が、わずか3か月以内に起きる。これはよくあることで、これを「男のサービス期間」といいます。

この恋愛は本物か?というとこの恋愛は本物ではない。この恋愛は「偽物」としかいいようがない。皆さんには申し訳ないが、たった3か月で熱が冷める恋愛は偽物としかいいようがない。

本物は熱が冷めることはない。
「愛は永遠」という言葉の通り、熱が冷めない恋愛がずっと続くのが本物であり、わずか3か月で冷めてしまう恋愛はとてもとても本物とはいえない。

では、偽物の恋愛は二度と本物にならないのか?

となると、そうともいいきれない。

中には偽物から本物に育ったケースもあるからです。

どうやって、偽物を本物に育てたの?

それは、女性が頭を使った頑張りと、相手の男性に本物になれる素質があったからです。

本物になるには、男女双方に素質がないと無理ということです。どうしても、本物にしかったら、相手の素質は置いておいて、まずは自分の素質をを向上させるしかありません。

どうやって、自分の素質を向上させればいいの?

はい、そこからが勉強です。

どんな勉強をするか?

まず、忍耐力という勉強をすることです。忍耐力ができたら、あとは信念の勉強をすることです。

具体的にどうすればいいの?

まずは、忍耐の勉強から。

男性が3か月で熱が冷めたのなら、恋愛を3か月お休みにすることです。

3か月間は何もしない、つまり恋愛をしないという忍耐力を養いましょう。


その間、連絡はどうすればいいのですか?

本来なら連絡もしなくていいのですが、

それだと自然消滅になる恐れがあるので、

週1回程度、定期連絡のみを送りましょう。


連絡の中味は「おはよう」「お疲れ様」「おやすみなさい」というような、10文字以内の軽い連絡を週に1回だけ送ってください。

3か月、週に1回だけ、軽めの定期連絡をする。この間は一切彼からの連絡は期待せず、彼との恋愛も一切期待しないことです。今は忍耐力の勉強ですから、それ以外の余計な感情は持たないことです。

おそらくこの間、ずっと忍耐力が強いられるでしょう。彼の反応が悪いので、このまま終わってしまうかも?という不安と恐怖も出てくるでしょう。不安と恐怖に圧し潰されて自爆してしまうかもしれません。

でも、ここで根負けして自爆したら忍耐力は育ちません。忍耐力を養うには、不安と恐怖を乗り越えることです。決めた期間はどんなことでもぶれない我慢強さが忍耐力を作る。これを素質といいます。ですから、ちょうどいい機会だと思って、忍耐力を養ってください。


3か月忍耐力の勉強をすれば、概ね彼が動いてきます。熱しやすく冷めやすい男性は、冷めた後もまた熱してくるからです。その周期が3か月ごとの周期です。

ですから、3か月何も期待しないで定期連絡を送る。そこまで辛抱強く待てば、男性は動いてくるということです。

ここで言えるのは、

動いて来れば相手の男性に本物の素質あり。

動かなければ素質なしの偽物となります。



あなたが相手にするのは本物の男性のみです。偽物を相手にしてはいけません。

3か月忍耐強く週1回の定期連絡をやって、相手が動かなければこの相手とは終わりにしてください。

続いての勉強は信念です。

記事は次回書きます。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

まさに知りたかったことでした。
以前、先生に占ってもらってから彼が本物でないのにこのまま待ち続けていいのだろうかと迷っていました。
その間も彼から連絡はありません。
気持ちを整理しているうちに私の方が冷めてきてしまって、今度は次会った時に別れを告げるか迷っていました。
偽物が本物になることがあるのですね。
私と彼の両方にその素質があれば。

冷めてきた気持ちをどうすればよいのか、私も男性と同じように恋愛から仕事モードへ気持ちが移っただけなのか、彼を諦めて他の人に目を向けるべきか、まだまだ悩みは尽きませんが後悔しない選択をしようと思います(今回の記事を読んで選択肢が増えました)。
明日の記事も楽しみにしています。

まさに知りたかったことでした。
以前、先生に占ってもらってから彼が本物でないのにこのまま待ち続けていいのだろうかと迷っていました。
その間も彼から連絡はありません。
気持ちを整理しているうちに私の方が冷めてきてしまって、今度は次会った時に別れを告げるか迷っていました。
偽物が本物になることがあるのですね。
私と彼の両方にその素質があれば。

冷めてきた気持ちをどうすればよいのか、私も男性と同じように恋愛から仕事モードへ気持ちが移っただけなのか、彼を諦めて他の人に目を向けるべきか、まだまだ悩みは尽きませんが後悔しない選択をしようと思います(今回の記事を読んで選択肢が増えました)。
明日の記事も楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

音信不通にされた側が悩んだり意志がぶれ優柔不断であるのは、まだ彼の存在がわずかでも心にあるのでしょう。

音信不通にする人は、非常識なのです。
相手を傷つける話し合いで自分が嫌な気持ちになるのが嫌、傷付けた罪悪感で自分が傷付くのが嫌、キープ、どれも音信不通は自己中心的理由です。相手にとってもう自然消滅してもいいのです。

それでもその恋が諦めきれず数ヶ月待ったり頑張っても、返事が来ても逃げ道いっぱいで曖昧で優柔不断であったり、無視し続けても相手から連絡がくるのですから、自分に相当気持ちがあるのだろうとつけあがって、好きと言う気持ちに漬け込み体を求める時だけ呼ばれたり、その気のある優しい思わせぶりな言葉を言われ、女性は愛の奴隷になります。 体だけでは無くお金を貸してしまったり、ストレスの捌け口で八つ当たりされ、暴言や暴力にも発展しかねません。音信不通にする人は非常識で身勝手で不誠実で自信がない弱いタイプだからです。
誠実な人は相手の気持ちに答えられないのなら、相手の先々を考えて別れの言葉は傷付けてしまう事になってもそれは相手のためでもあり自分のためであり、付き合いうと決めた事に対して責任をとり別れを相手に伝えます。伝える事が責任です。真っ直ぐに気持ちを向けてくれた方に対する礼儀です。
音信不通にされ悩み苦しんだ人は、自分は人間関係で下流な対応はしないし、人の気持ちを大切にするとの意志を持てるはずです。改心の気付きができましたよね。

改心は多くの経験と長い時間が必要で、他人の力は及びません。及ぶなら世の中から失敗も成功もありません。沖川先生の仕事も無くなります。原則、人は変えられないのです。

恋した人。その人は世の中に一人しかいません。でも、恋は沢山あります。恋は身近に手に入ります。恋は苦しむものでなく楽しむものです。忍耐や我慢は建設的なものでなくてはただの地獄です。
愛が恨みやトラウマとなって恋愛不適合者になってしまいます。愛する事が女性の本能なら、そこにダメージを受けると女性として輝けなくなります。

沢山悩み苦しんだ後は、忘れる事にエネルギーを使いましょう。
うまくいく事を目標にして、やるだけの事をしてうまくいかなくても、それが忘れる動機に繋がるのなら、やる価値があるとおもいます。

今の私なら音信不通になったら、深く理由を検証せずに、この恋は終わります、短かい間楽しかったありがとう。 理由は、先に書きましたが長い間傷つくのは女性として致命的な事、愛のフィルターが無くなり冷静客観的にかんがえると、致命傷を負うほどの価値がその男性にない事。時間の無駄をした私の人生の不祥事であった事。恋はハシカと身を持って分かったからです。

恋は常識人で礼儀マナーがあり、深みがある大人がするものだからハシカが楽しめるのです。
決して下流な人と恋をしてはいけません。


沢山考え方があるなかで、私の経験から思う事を述べさせて頂きました。みなさんのコメントで色んな角度から一つのテーマを考える事ができます。その一役になれば幸いです。

わたしも同じく付き合って3ヶ月目にして音信不通になりました。
音信不通になるまでは、ご飯に連れて行ってくれたり彼の家でのんびり過ごしたり、旅行にも連れて行ってくれてました。
もともとまめじゃなく連絡も週に数回、会うのは週1くらいでした。
音信不通のきっかけは彼の親が体調を崩して入院したことです。
それもあり、わたしからは数回LINEしただけでそれ以上のことはしてませんが、いろいろネットを見てるうちにこのブログを見つけました。
会社を経営してることもあり毎日忙しそうでしたが、音信不通にされたことが初めてで最初はかなり落ち込みました。
わたしも日々忙しく、気付けば音信不通になって5ヶ月経ってしまい、彼の誕生日が近くなってきてます。わたしも何回か連絡しただけで、それから連絡せずにここまできてしまいましたが、まだ心残りで誕生日に連絡するか迷ってます。
待ってる自分もバカらしくなるともあれば、少し待っていたり自分もして、音信不通にされてから違う方ともご飯行ったりもしたんですが、恋愛のスイッチが切れてしまってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する