ホーム > 人生哲学 > すぐに不安になる、ネガティブ女子、不安女子の対策。
何が不安なのか?
どんなことにネガティブになっているのか?具体的にまとめると対策が打てるようになります。


いちばん厄介なのは、具体的になにもまとめていないこと。漠然とした考えではなにも対策が打てないということです。

何が不安なのか?どんな問題が起きているのか?これを具体的にまとめる。具体的にまとめたら原理原則に従って冷静に客観的に処理していく。これが不安の解決方法です。

厄介なのは具体的に考えないでi漠然と考えること。具体的にまとめていないものは、単なる妄想に過ぎませんから。妄想では、不安が解決できないままのネガティブ女子になってしまうだけです。

具体的な解決方法は、自分にとって有利な方に物事を考えることです。自分が損するか?得するか?となると、もちろん自分が得する方法を考えればいいのです。

自分が得するように自分が有利になるように物事を考える。これは全世界の人がやっていることなので、問題ありません。自分が得して自分が有利になるように物事を考える、これが原理原則だからです。

例えば、仕事の不安を抱えているとする。この仕事を続けた方が有利か?あるいは転職した方が有利か?自分にとってどちらが損か?得か?よく考えて自分なりの答えを出すべきです。

恋愛の不安を抱えているとする。この恋愛を続けた方が有利か?あるいは相手を変えた方が有利か?自分にとってどちらが損か?得か?よく考えて自分なりの答えを出すべきです。

不安とは問題のかたまりのことをいいます。不安を解決する方法は、どちらが自分にとって有利か?それを中心に具体的な対策を取れば、問題解決の糸口が見えてきます。

冷静に客観的に、問題を自分が有利な方向に具体的にまとめることが問題解決のいちばんの近道です。

どんな問題でも、具体的に何が起きているのかまとめることです。それをやらないと問題可決の糸口が見えてきません。糸口が見えないから不安女子になってネガティブ女子になってしまうのです。

具体的にまとめる。
これは、人と相談するときも同じことがいえます。友達と相談するときも、占い師やカウンセラーと相談するときも、自分が何を相談したいのか?具体的なプランを持って望めば、よりよい回答が得られやすいということです。

まず、あなた自身が何をどうしたいのか?決めることが大切です。何をどうしたいのか?決めてから他人からのアドバイスを求める。これが問題の近道となります。


私の鑑定でも、自分が何をどうしたらいいか?決めて鑑定に訪れる人と、何も決めずに訪れる人がいます。

決めている人はその問題に沿って的確なアドバイスができますが、決めていない人は何からとりかかっていいのか?わからないまま・・・問題探しの時間ばかりがかかります。

相談者の多くは優柔不断です。悩み多き人の大半は優柔不断です。不安・悩みの正体は優柔不断です。優柔不断だから、自分の方向性が見えていない。見えていないから不安女子になって、ネガティブ女子になってしまうのです。

私は、もちろんそのことはよく解っています。問題の方向性が見えないからここに来ていることも。

だがしかし、それでも。
やはり、自分の悩みは、自分で具体的にまとめることです。悩みというものは、自分というものがなければ解決できません。悩みを具体的にまとめれば、その中から自分はこうしたいというものが見つかるからです。

これが、2つ3つあっても構いません。2つあれば2つを検証して、3つあれば3つを検証すればいいだけのことです。

具多的なプランにそって検証することで、悩みの正体が見えてきます。正体が見えれば、あとは問題解決に向けて全力を尽くすだけです。

厄介なのは、具体的に考えないで漠然と考えていること。

妄想や空想、雑念に縛られて、具多的なプランにいけない人。

それでも、私は構いません。

ならば、私がヒントを与えるしかありません。

私の頭の中には、無数の解決方法があります。

私のヒントで、あなたの具体的な解決方法が見つかることもできるでしょう。

それも私の仕事ですから、ご安心ください。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

不安時の作業。

今日の記事は、不安の渦に溺れているところへ
救命具を投げ込まれたようでした。

本当の意味でこれから先時間と自分を大切にできます。

時間の無駄と自分を傷つける選択はもうしません。

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する