ホーム > 自信のつけ方 > 人生は自分が主人公になれば面白い生き方ができる。
今朝の記事は、次回作の構想を少し抜粋してみました。

自分が人生の主人公になること。

自分の人生だ。

自分が主人公にならないでどうする?


一生懸命生きれば、自分が主人公になれます。人生の主人公は誰だ?それは、あなたです。人生の主人公はあなたであって、他の誰でもありません。主人公はあなた自身なのです。

自分の人生は、自分が主人公になるべきです。自分がプロデュースして、自分が出演して、自分が演技しないと、つまらないではありませんか。

他人に主人公の座を渡すものではありません。たとえ彼でも主人公の座を譲ってはいけません。他人に主人公の座を譲る人は、依存心の強い人と相場が決まっています。依存心の高い人は、いつまで経っても自分が主人公になれません。そうなれば、人生はつまらなくなり心も疲弊してしまうでしょう。

他人に依存する人は「いま」を一生懸命に生きていません。いつか他人が助けてくれるだろうと人の助けを心待ちにしているのです。他人が助けてくれなければ、神が助けてくれる、あるいは運が良くなって運が助けてくれると思っています。

だが、その助け来ません。
いつまで経っても来ません。


誰も助けてくれなければ、自分で自分を助けるしかないのです。これを自助努力といいます。

自分の人生は自分で努力して自分を助けるべきです。だから、自分が主人公になるしかないのです。

自分が主人公になるためには、「いま」を一生懸命生きることです。「いま、ここにやることがあれば」それを一生懸命やることです。

いまここにやるべき仕事があります。それをあなたは悩みで放置しているとなれば大問題です。仕事をすることよりも、頭の中は考えることでいっぱい、仕事をすることよりも頭の中は将来の不安でいっぱいだとすると、あなたは主人公になれません。これはあとから重大な問題となって、あなたの人生を狂わせることになるでしょう。

人生を狂わせたくなかったら、いまやるべきことに一生懸命取り込むことです。仕事が大嫌い!かったるくてやる気が起きない!なんていっていないで、強引に強制的でもいいから仕事に取り込むことです。この仕事をやっても意味がないとか、やっても無駄だとか、誰も認めてくれないなんていっていないで、一生懸命取り込むことです。

人生の主人公とは孤独かもしれません。みんなが嫌がる仕事を人知れず淡々とこなしているからです。常に怠けようとする自分の心と戦いながら、怠ける心を強引に制して、仕事に取り組むからです。自分が主人公になるためには忍耐力が必要です。いまは成果がなくとも根気よく続けていくしかないという忍耐力。つらいけど、しんどいけどこれしかないのです。

だから、主人公になるのは大変なのです。全責任が自分に舞い込んでくるから。

でもね、責任は重いけど、捨てたものではありません。主人公は大変だけど、やりがいもあるのです。このやりがいが、生き甲斐となり、運命も好転させることもできます。この味を覚えたら最後、やみつきになります。そうなればしめたもの、あなたは主人公となって、自分の人生の晴れ舞台のセンターが務められます。

「いま」を一生懸命生きれば、自分が主人公になって生きられる。この言葉を忘れないように。それがあなたの生き甲斐となるのは、間違いないから。


今を一生懸命生きる。
いま、やる仕事があれば、いま仕事する。いま、なすべきことがあれば、いま行動する。
そうすれば、悩んでいる暇はありません。主人公には悩みは無用で、悩みは似合わないからです。



あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

41JIUeQm8RL.jpg


新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

沖川先生
毎日ブログありがとうございます。

自然災害が起きると彼の仕事が激増します。

また狂信的な仕事モードになってくるんだろうな(T_T)昨日のブログの内容そのままです。ほぼ恐怖です。
でもそんな情熱と技術が社会を支えてるのはわかっています。

私は目の前の仕事を一生懸命にこなして自分が悩まないようにしなくちゃいけないですね。

No title

彼が忙しい時は、自分の仕事に頑張る。
そうすることでバランスが取れるようになります。



先生
ありがとうございます↑↑

自分の仕事を引き続き頑張ります。

来月4回目の鑑定に伺います。
よろしくお願いします。
鑑定時にはペーパーに相談をまとめて先生に見ていただいています。「君はよく分析するね〜(笑)」と言われます。。

No title

4回目の鑑定ですか?(笑)
お待ちしています。

先生のブログに助けられました。

こんにちは、初めてコメントします。92年・女性です。
まずは御礼から。ありがとうございます!
実は4ヶ月前にダブル不倫にハマり、はじめの2ヶ月は楽しかったですが相手の男性が手を抜きはじめ(三碧木星の彼)、八白土星の私のアタマには?が浮かびはじめました。
そんなタイミングで先生の記事、解説や分析に出会い、読み。それはそれは熟読し、通勤中もトイレでも読み。めちゃめちゃ納得しました。
そして先月に決意して彼には急に「冷めました。さようなら」とだけ告げ別れました。
不倫はどんなに想い合っても、遊び。先生の言うこの断言した言葉は本当にその通り。しかし、当時は、自分たちは別!自分たちは本気!と強く思い込んでいました。なぜでしょうか。本当に恐ろしいですね。
私は不倫というもの自体には絶対にハマらない性格だと思っていたので(ワンナイトで終わるかと思っていたので‥いやこれもアウトですが)
人生なにがあるか分かりません。しかしこうして新しいことをたくさん学びました。辛かったですが。
これからも記事楽しみにしてます。

No title

さくらの花さん。
八白土星女子は基本的に不倫はしません。だが、その世界に入ったら最後、愛着と執着が強く抜け出せなくなります。よくぞ決心した!と思います。

ご返信ありがとうございます!

深く入り込んでいくとやはり執着してしまいますよね‥。早めに脱出して良かった。
飲み込まれる前に!!早いうちに!!と言い聞かせて抜け出しました。
通常の恋愛とは全く!全く違うのに、深い愛に触れてる感覚になります。女って怖いです。自分の中の、欲望の鬼みたいなものを何度も感じました。すべてを破壊したくなる鬼。
手前で思い留まれたのは、先生のブログの記事のおかげです。
本当にありがとうございました。不倫は終わりましたが引き続き、読んでいきます!

先日はコメント返信ありがとうございました!
23歳 学生です!

最近は彼のことで悩んでばかりでしたが、
沖川先生の言葉ではっとしました。
主人公は自分、というスタンスで
心機一転、新しいアルバイトに挑戦してみようと思います!
彼のことは気にせず、やってみたかったことに沢山挑戦する1年にします!
これからもブログ楽しみにしてます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する