ホーム > 人生哲学 > 男の仕事が忙しくなる=恋愛はストップ。この状態に苦しむ女性が後を絶たない。
前回、「男の仕事が忙しくなる=恋愛はストップ」という公式を紐解いた。

だが、私がいくら説明しても、この意味を理解する女性はほとんどいない。少なくとも私に鑑定を依頼してくるお客さんは、まったく理解できていないと思う。理解していれば、私に鑑定を依頼して来ないし、こんなに苦しむことはないはずだから。

理解で苦しむお客さんに「男の仕事とはなにか?」という男性心理を、何度も何度も説明して理解を促す努力を続けるしかない。男の公式は不変だから、女性に理解してもらうために、何度も何度もアドバイスを繰り返すしかない。

努力の甲斐があって、やっと公式を理解したとする。

でも、ここからさらなる問題が発生する。

それは、今度は女性自身が自分と戦わなければいけないからだ。

女性の公式は男性の公式とまったく正反対なので、真逆の公式を理解するのは、乗り越えなければならない様々な試練がある。

一番の試練は女性が持っている本能的な感情。公式は黒を白というような、女性たちが絶対に認めたくない公式なので、認めるか認めないかの激しい葛藤と戦わなければいけない。

「男の仕事が忙しくなる=恋愛はストップ」頭では理解しても、頭での理解は真髄からくる本当の理解ではない。本物の理解ではないから、また元の木阿弥に戻ってしまう。いったん良くなったものがまた悪くなってしまうことを元の木阿弥という。

頭で理解しても、元の木阿弥に戻ることをモヤモヤという。このモヤモヤが女性の最大の敵で、このモヤモヤを乗り越えない限り、心が晴れることはない。

心が晴れるためには、単純に理解すること。1+1=2と同じだと理解すれば、心は晴れるようになる。理解すれば、苦しみはなくなる。そのために公式があることを忘れないで頂きたい。

公式を理解している女性は、男性に選ばれさらなる発展を遂げる。

「男の人は仕事がなによりも大切」このことに何も抵抗なく受け入れる女性なら、男性はこの女性を一生大切にする。公式を理解した女性は、永久版の保証書を手入れたのも同然という権利を手に入れることができる。ここまで理解すれば、二人の関係はさらなる発展を遂げる。


反対に男性に嫌われる女性は?

疑う女性。

その一言に尽きる。

「男の仕事が忙しくなる=疑い」

多くの女性がこの公式を持っていると思う。

恋愛をストップされた女性は、疑う公式しかないといっていい。

しかし女性の公式は男性の公式と相容れることができないので、一番嫌いな女という審判を下されるだけとなる。

女性が疑う気持ちも分かる。

男性の歴史をみれば、数々の裏切りがあるからだ。

仕事が忙しいと嘘をついて浮気をしていた。彼女を騙して他に女を作ったという黒歴史がある。また仕事が忙しいと嘘をついて、実は彼女に熱が冷めて、もう好きでなくなったという黒歴史もある。数々の男の黒歴史がある以上、女性は男性を信用することができない。女性が男性を疑う気持ちも分かる。

だが・・・。
あなたはそんな男を愛しているのか?といいたい。

黒歴史のありそうな男を愛しているのか?といいたい。



そうじゃないでしょ。

あなたが愛したのは、黒でなく白の人です。

ホワイトな白の歴史を持っている人を愛したのではないですか?

確かに黒歴のDNAを引き継いでいる男性もいます。でも、その数はうんと少ないのです。10人中8人はまともです。8人は白です。黒はたった2人だけです。あなたがどうしても彼のことが疑いたいというのならば。あなたは数少ない黒の男を引き寄せて付き合っているということになります。

もし、あなたが選択ミスをしたのなら、悪いことはいいません、黒歴史の男とは終わりにしてください。黒歴史の男の執着するのはもってのほかです。執着すれば発展するどころか、あなた自身の歴史が黒に染まるだけです。


私が理解を促しているのは、白歴史を持っている男性のみです。

あなたの彼は白の人です。

疑って、白の人を黒にしないでください。

女性が失敗する最大の原因は「疑う」ことです。

疑えば、その男性と成就することはできません。




あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

41k1pfNZMAL.jpg


新作はこちらをクリックしてください。

まずは試し読みから。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

ありがとうございます

ここのコントロールが最難関です。
信じることが出来れば、釜様からのどんな試練もクリア出来ますね。

彼の問題のように勘違いし、信じられるように言動で示して!なんて期待しまいますが、何故疑うの?と自問自答してみると、自己肯定感や潜在意識が深く関わっていることに気付きます。
それが、先生のブログを何年も読み学んで理解しても、また疑う原因かと思います。
どうすればモヤモヤを退治出来るのか?
疑ってると気付き、感情にブレーキかける事で精一杯でモヤモヤは何度も何度も再発してきますね。これに負けてしまうのだなと思います。

黒歴史!

沖川先生、いつも有難うございます。
10人中8人は白なんですね!
私は黒歴史の2人の方の男性のお付き合いしてしまったのだと理解しました。
だから切るしか方法はないんですね。
これからは黒歴史男は引き寄せない!絶対に‼︎

そもそも、黒か白わからないまま恋愛している人も中にはいると思います。

彼の人柄が好きなのではなく、恋愛によって自身の愛されたい願望を満たす事が好き。なのだと思います。




No title

悪い男はたったの2割です。

残り8割は、良い男だと思います。

印刷して壁に貼っておきます

昨日の問題からの今日にかけての記事ですが、
感染防止のために、
仕事で相談に行けない私にとっては、
非常にありがたい記事です。

足し算の公式、その時は分かるのです。
ですが、時間が経ってしまうと、
どうしても疑ってしまうのです。
周りの同業者に余裕が見え始めると、
彼にも余裕があるのではないかと、
思い込んで、連絡してみるものの、
連絡がなくて疑ってました。
ですが、まだ彼の場合は余裕がない、
(人一倍責任感が強く、周りが落ち着いてから、自分は最後でいい)という状況のようでした。
疑いそうになったら、また記事を読み返します。あと、すぐ気持ちが揺らぐので、
印刷して見えるところに貼っておきます。

そんな私も連休はすべて仕事です。
落ち着いたら、先生のところへ相談しようと思います。ありがとうございました。

仕事が忙しい、または何か事情があって今恋愛のことを考える余裕がない状態になることは分かりました。
この場合に、女性からの健康を気遣うような連絡や、落ち着いたらまた少し話そうねといった連絡は、頻度をごく稀(2ヶ月に一度程度)くらいにしても相手にとってはただのプレッシャーに過ぎないのでしょうか?
余計な圧力をかけたくないので相手から連絡が来ない限りほっといてるのですが、このままだと接点持つ機会が新年の挨拶とお互いの誕生日だけになりそうです。
もう誕生日も過ぎたので、次話すのって相手の状況が多少でも好転しない限り2023年の新年の挨拶なのかな!?とか思っています

浮気をするタイプではないのでその辺の心配は全く無く、こちらも自己啓発の時間をたっぷり確保できてるので自分が問題視しなければお互い自分のために当てる期間なんだってことで良いことなんだなと思うのですが、たまに寂しいなと感じます。

仕事が忙しい、または何か事情があって今恋愛のことを考える余裕がない状態になることは分かりました。
この場合に、女性からの健康を気遣うような連絡や、落ち着いたらまた少し話そうねといった連絡は、頻度をごく稀(2ヶ月に一度程度)くらいにしても相手にとってはただのプレッシャーに過ぎないのでしょうか?
余計な圧力をかけたくないので相手から連絡が来ない限りほっといてるのですが、このままだと接点持つ機会が新年の挨拶とお互いの誕生日だけになりそうです。
もう誕生日も過ぎたので、次話すのって相手の状況が多少でも好転しない限り2023年の新年の挨拶なのかな!?とか思っています

浮気をするタイプではないのでその辺の心配は全く無く、こちらも自己啓発の時間をたっぷり確保できてるので自分が問題視しなければお互い自分のために当てる期間なんだってことで良いことなんだなと思うのですが、たまに寂しいなと感じます。

男の見抜き方

沖川先生、8割の男性と2割の男性の決定的な違いは何ですか?

じさんのご質問に同感しました

彼に仕事以外は全く余裕が無いと言われて放置され歴数ヶ月です。
たまに(1,2ヶ月に1回くらい)健康を気遣って労いのメッセージは送り、それに対して一応返事はあるものの、これすらも本当はしないほうがいいのでしょうか?
彼の仕事に有益と思える情報などを入手したら、共有しようかなと思いつつ、余計なお世話だと思われるのではないかと躊躇してそのままです。
点で繋がりたいけどそのタイミングを図るの難しいですね。

No title

公式に従って生きれば間違いありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する