ホーム > 心の使い方 心を強くする > 悩みの正体はやる気のなさ。ずっとやる気が起きなかったらどうなるの?
そのときは、ずっと悩むことになるでしょうね。

悩みはやる気が起きるまでずっと続くからです。

でも・・・やる気を起こそうにもやる気が起きない。

なんか疲れちゃってやる気が起きない。

あるね。
そういうことも。
人間には。

過去の失敗や過去にトラウマなどがあると、やる気が起きない。そういう人は、ほんのちょっとやってうまくいかなければまたやる気を無くしてしまう。過去の失敗が脳裏に浮かび、過去のトラウマが脳裏に浮かび、三日坊主で続ける気力がないとなれば、やる気など起こりません。

そういうときは、やる気のないままでいることですね。やる気のない人に無理に「やる気を出せ!」と言っても、聞く耳を持たないでしょうから。その代わりその時間だけ悩んでください。飽きるほど悩めば、悩むことも嫌になるでしょう。

やる気のない人はたくさんいます。

そして、悩んでいる人もたくさんいます。


やる気があって、颯爽と前向きに明るく生きている人はほんの一握りではないでしょうか?

大半はやる気がなく悩んで生きているのではないでしょうか?悩みの正体がやる気のなさと分かっていても、やる気が起きない。これが現状だと思います。

やる気が起きないか・・・。
それでも、人間は生きられるから不思議ですね。

悩んでやる気がなくても生きていける。考えてみたら人間という生き物は大したものです。やる気がなくて悩んでいても、なんとか生きていけるから大したものですよ。

つまり、余裕があるということですね。

余裕があるから人間は悩む。

そういっても過言ではないと思います。

でも、その余裕はいつか無くなります。

人間の余裕は無限ではありません。

余裕にも限りがあっていつか使い切って無くなってしまうからです。

余裕があるうちは悩んでいなさい。

余裕があるうちはやる気がなくても、なんとか生きていけます。

そして、余裕がなくなったらやる気を出せばいいのです。

そんなやりかたで大丈夫なの?

大丈夫です。人間は限界まで追い込まれたら自分の命を救うため、やる気を出すからです。

もう悩んでいる暇はない。

やる気のなさもここまで。

すべての余裕は使い切った。

遊びは終わりだ。


人間は限界まで追い込まれれば、やる気が出る生き物です。

私はね、人間の強さを信じているのですよ。

人間は限界まで追い込まれれば、やる気を出すことをちゃんと知っています。

今はやる気がでない。

今は悩んでいる。

余裕があるからそうしているのです。

でもね、余裕がなくなったらやる気を出すしかない。

やる気さえ出せば、人間は変わってくる。

そういう、人間の強さを私は知っています。

そして、その強さがあなたにあることも知っています。



あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

41k1pfNZMAL.jpg


新作はこちらをクリックしてください。

まずは試し読みから。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

健康ならオッケー!

何だか、コメントしようとすると
アプリに移行してしまいます。
コメントするのがとても大変です💦

悩めるのは、生きているから。
悩むのは、感謝が足りないから。
悩むのは、趣味だから。

健康で生きていられることに感謝したら、くだらない悩みなんてどうでもよくなる。
彼の存在そのものに感謝したら、くだない不満や不安は吹っ飛んでいく。

健康なら全てオッケー!です。

No title

高橋さん、いつもコメントありがとうございます。

余裕が無くなったらやるしかなくなるというのは納得…
堕落して彼女に見捨てられて追い込まれた状態になり、必死でした。
その初期に先生のブログにたどり着いて心の栄養剤にさせてもらっています。
まだ新しい恋愛に縁はないけど、だいぶ立ち直れました。
先生、いつもありがとうございます。

No title

私のブログが心の栄養剤になるのなら私も幸せです。ありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する