ホーム > 心の使い方 心を強くする > 嫉妬をしない女性が早く幸せになれる。
次なる公式はこれ。
「嫉妬をしない女性が早く幸せになれる」。


前回、「切り替えの早い子が幸せになれる」という公式を紐解きましたが、今回は「嫉妬をしない女性が早く幸せになれる」という公式を紐解きたいと思います。

男と女が付き合えば、必ず疑いが生まれます。男女関係は信頼関係で成立するですが、信頼関係よりも疑う関係の方が先行してしまうのです。

なぜ、そうなるの?
それは男女の性質と価値観が違うからです。

恋愛は、鈍感型の男と直観型の女が付き合うことになるが、鈍感でデリカシーのない男性よりも、繊細で直観が冴える女性の方が相手を疑うようになります。

女性は本気で好きになればなるほど、危険を察した疑う能力が高くなります。女性のDNAには、人類が誕生して以来、男の悪事が脳裏にいっぱい詰め込まれているのでしょう。

男の悪事を暴く。
もはや、これが本能となっています。だが、この本能のお陰で、結ばれるべきものが結ばれない結果を招いています。

男の悪事には、許されないものと許されるものがあります。、これは許されないもの。これは許してもいいのではないかとい許容範囲があります。許してもいいかなという許容範囲を理解できない女性は、どれだけその男性を愛しても、いずれ別れることになります。

ほとんどの別れは許容範囲を超えた嫉妬によるものが多い。

嫉妬でもって100年の恋が冷めているのです。

聖人君子はいません。
どんなに真面目で誠実な男性でも、嘘や隠し事の一つくらいはあります。小さな嘘や小さな悪さをするのが男なのです。また、小さな短所や小さな欠点を持っているのが男なのです。

それをわざわざあからさまに見つけるからトラブルの原因となるのです。女性が悪事を見つけると、もう気が狂ったみたいにしつこくなる。この狂ったしつこそが、男を疲れさせ、別れる原因となっている。男性は女性ほど感情的な争いごとに慣れていない。感情的な軋轢に慣れていない男性は精神的に弱い。弱い男性が感情的にしつこく責められると、疲れて別れを選択するしか道が残っていない。

女性はそんなことで別れを決断しないが、男性はそれだけで別れを決断してしまうのです。

男の小さな嘘と小さな悪さは、冷静になれば解決できる問題。だが、しつこく何度も何度も感情的に責められると、男は自分の反省よりも、目の前で自分を責めたている女性と別れを決断することになります。

多くの女性たちが知らないと思いますが、男性はいざとなったらいつでも別れる覚悟で女性と付き合っているのです。

彼女に責められて疲れたら別れる。これが男性の恋愛のやり方なのです。これが、男性の恋愛のやり方か?と知れば、冷静な対策が打てるようになります。男性はいつでも別れる覚悟で付き合っている。この覚悟には感情的な女性の嫉妬は通用しません。疲れたら、男性はいつだって逃げるように別れてしまう7からです。そうならないためには、冷静な対策が必要となります。


冷静な対策。
それは、「嫉妬をしない女性が早く幸せになれる」という公式をマスターすることです。男の悪事は、女性が嫉妬さえしなければ、すべて冷静にコントロールできるからです。

私は男の悪事を擁護するつもりはありません。男の悪事を擁護してもなんの得にもならないからです。それよりも、たったこれだけのことで女性の人生を狂わす方がもったいないと思っています。たったこれだけのことで、愛を失う女性の方が可哀そうだと思っています。くだらない男の小さな嘘と小さな悪さの悪事で、女の人生を狂わすことではありません。男の悪事などカスにしか過ぎませんから、こんなことで大事な人生を狂わさないでください。


男の悪事は冷静に判断すれば解決できます。ほとんどが小さな嘘と悪さから来ているので、冷静になれば解決できます。嫉妬に狂えば解決できないが、冷静になれば解決できる。そのように思ってください。

男の小さな嘘と悪事はどういうものか?

それは、とても小さなことです。

例えば、会社の同僚の女の子に頼まれて相談に乗った。彼女は困っているらしく、人助けのつもりで相談に乗った。そのとき男は彼女や奥さんにそのことを報告しません。

会社の同僚とキャバクラに行った。男の付き合いでたまにはそういうところに行く。そのとき男は彼女や奥さんにそのことを報告しません。

学生時代の仲の良かった女性の友人から飲み会に誘われた。同じ音楽部に所属していて演奏会の話で盛り上がる。そのとき男は彼女や奥さんにそのことを報告しません。

なぜ報告しないか?報告したら彼女や奥さんを傷つけてしまい、トラブルに発展するからです。だから、男はそのことを報告せず黙認します。余計な心配はかけたくないからです。

これが男の真意だが、ところが思わぬことでばれます。

SNSやLINEでばれます。

今の時代は通信機器で、ばれるようになっているのです。


男の怪しい動きは隠し通せません。

女性の勘と通信機器でばれるようになっているのです。

でもこれは、許容範囲の嘘と悪さです。全世界の男性がやっている許容範囲の嘘と悪さです。許容範囲の嘘と悪さは、男性側からすれば悪いことをしていると認めるわけにはいきません。この程度、どの男性でもやっているからです。人助けのつもりで同僚の女の子の相談に乗った。男同士の付き合いでキャバクラに行った。学生時代の友人に誘われて飲みに行った。そこのどこが悪いと男は開き直るからです。

ところが、女性はそれによってひどく傷つきます。私に黙って嘘をついて、他の女の子と会っていたことで傷つきます。

ここから始まるのですね。男と女の壮絶なバトルが。

女性は感情的になって嫉妬に狂って責め立てる。

男性は疲れてしまい別れを決断する。


世の中、アホらしいほどこれを繰り返しています。

このアホらしい結末が、男の小さな嘘と女の嫉妬です。

男の悪事は許容範囲のもの。ところが女性の嫉妬は許容範囲を超えています。

そこで、「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」という名分が生れました。

そこでさらに、「嫉妬をしない女性が早く幸せになれる」という公式が誕生したのです。


この公式は男性たちを救うための公式ではありません。女性たちを救うための公式なのです。

「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」と「嫉妬をしない女性が早く幸せになれる」という二大公式をあなたがどう理解するかです。




あなたに知識を与える沖川の電子書籍。

41k1pfNZMAL.jpg


新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

嫉妬は人間がもってはいけない感情

これを唱えるようになってから(直ぐ忘れるのでスマホの待受にしてます)嫉妬の感情が湧いてきても、そこに長く留まらなくなりました。

元嫁や子供に嫉妬してしまう、仕事でも周りは女性だらけ…
まるで韓国ドラマの時代劇の王様ような人を愛しています笑
嫉妬に狂った側室のように自らを貶めてしまわないよう、感情のコントロールは必須です。

いつもカッコいい俺を私の鏡に映せるようにピカピカに磨いていないと、彼を幸せに出来ないから、嫉妬はしません!
先生のおかげです。

男性は小さな嘘をついて、あとから口が滑る。
私の場合、嫉妬というよりも、デリカシーのなさといいますか、それを言うとこちらがどう思うかそんなこともわからないの?という考えの浅はかさに、
がっかりしますね。

小さな嘘も大きな朝も散々つかれて、お陰で彼のことは何も信用出来なくなりました。
最初は嘘をつくなんて酷い人、と思っていましたが、今では、私は嘘をつかれるレベルの女なのだと、自分に自信を失いかけています。
嫉妬できるうちが花かな。今では嫉妬の感情すら湧きません。

No title

「嫉妬は人間がもってはいけない感情」それぞれの思いで、この意味を理解もらえば、それでいいと思います。

嫉妬が無くれば私の愛は終わりを迎えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する