ホーム > 心の使い方 心を強くする > 皆さんは自分を虐待しすぎ、もっと自分を褒めよう
自分を褒めることは、頭では解っていてもなかなかできないものです。

人は自分を褒める暇もなく日常の生活に追われているのが現実だからです。自分を褒めるなんてもってのほか、そんな余裕も自信も私にはない。あるのは不安と心配の種しかない、そんな自分をどうやって褒めていいのかわからない。

自分を褒めるということは、自己愛のナルシストか高飛車な自己中心的な人に見えるから嫌だという人が多いのではないでしょうか。日本の文化は「謙遜」「謙虚」を重んじる国なので、自分を褒めることにいささか抵抗があるように思えます。常に他人の目を意識して、自己主張を抑え、傲慢な態度を出さないように気を配っている。日本人はどうも自分に厳しい面があります。

控え目な日本人。自分を褒めることに抵抗があって遠慮をしている。「謙遜」「謙虚」を尊う文化はいいが、それによってやりたいことの自由を奪い、自身の器を小さくし、自身の成長を遅らせている。自分を褒めることに誤解している日本人がたくさんいるのではないでしょうか。

自分を褒めることに抵抗している人はとんだ勘違いをしていると思います。自分を褒めることは自己顕示欲を強くするためではなく、自尊心を取り戻し、潜在意識に自信を植え付ける心理的効果.を発揮するためです。潜在意識はまず自分を褒めることからスタートしなければなりません。自信がつくように自分を褒める、そこから始めてください。

自分を褒めれば自信がつき自分が好きになります。自分が好きになれば、自己険悪が減り、一日が充実し、ポジティブになれます。人生は常に自分との戦いです。自分という基礎を持って人生は楽しくなるのです。

自分が嫌いな人に成功はあり得ません。また自分を愛せない人は人を愛せない。自分を褒めて自分を好きになってこそ、仕事も恋愛も人間関係もすべて上手くいくのです。自分を褒めて伸ばす、これを基本としてください。

自分を大事にして生きている人はエネルギーに満ち溢れています。自分を褒めることで自尊心が上がることを知っているからです。自尊心が満たされれば、人に優しく人に好かれます。自信のないネガティブな人は人に嫌われ、自信のあるポジティブな人が人に好かれ人に尊敬されるのが世の常です。

人が生きていくうえでは喜ばしいことばかりではありません。他人から叱られたり、嫌味を言われたり、意地悪をされたり、悪口を言われたり、無視されたりと、散々な目に合うのが人間社会です。嫌な状況に置かれたとき、人は気分を害し、落ち込んでネガティブになることも仕方ないと思います。

だが、いつまでもネガティブな時間にいてはいけません。そんなときこそ自分を褒めてください。「自分はよくやった、よく頑張った」と褒めてください。周りが敵に見えても、あなた自身を自らの敵にしないことです。落ち込んだ時こそ、唯一の味方はあなた自身なのです。自分で自分を褒めて自尊心を取り戻す、それを繰り返すことであなたにエネルギーが満ち溢れてきます。

自分を褒めることは確固たる自分を創ること。自分を持っている人は人から称賛され尊敬されます。是非あなたも自分を褒めて、自分を伸ばしてください。



あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

41k1pfNZMAL.jpg


新作はこちらをクリックしてください。

まずは試し読みから。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

おはようございます

彼と私は次に会う約束までLINEを殆どしないのですが、彼のFBを覗いて安否確認をする癖がついてしました。
見ずに済む方法を考えました。
見たくなったら先生のブログを見ることにしたところ、全く彼のFBを覗くことがなくなりました!!
凄い成果です!
ありがとうございます😊

自分を愛せない人は人を愛せない

今朝も、私はこの世でたった一人の特別な存在です!と鏡にニッコリ😊素敵な一日にします😊

No title

少し自信をなくしているところでした。笑
仕事でも色々とあり、疲れていて、人に合わせすぎて、頑張りすぎていました。
なかなか自分を褒めることも忘れていましたので、よく頑張っているなと自分に声をかけようと思いました。
18歳下の彼ですが、今の関係をゆっくりといくべきなのか、長い目でみてはいますが、お互いにあまり思いを口に出して言えないため、関係はずっと平行線です。笑
先生なら、焦らず良い関係を作りなさいと言われるのか、見極めて次へ進むべきだと言われるのか…相談しようかな。
18歳の大学生の息子も春から一人暮らしをしています。
ようやく自分一人の時間もでき、なので真剣に少し将来について考えるようになってきました。
もう結婚はいいやと思いながら、一人で子育てしながら仕事ばかりの生活でしたが、恋愛はしていました。でも、最近はずっと一緒にいれるパートナーがほしいと思ってきました。
今日の休み、自分をいたわりながら過ごしたいと思います。

こんばんは。

自分を褒める。
確かに…蔑むとか貶めるのは簡単なのに、上手に褒められないんですよね。
最近は毎日ひとつでもいいから「あれが出来た」「これが出来た」って内緒で褒めてます。
そうすると、じっくりじわじわ効能が出てきて余裕が生まれました。

復縁は諦めた、どーせなら①から始めるくらいの気持ちで挑む自分をゆっくり褒めてます。
その日のために成長工事やってます。
先生のブログがある意味、施工図になってます(笑)

No title

私のブログが人生の施工図になるのなら、どんどん書きますよ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する