ホーム > 心の使い方 心を強くする > 彼を一途に愛するか?それとも他を見た方がいいか?
どちらでもいいです。
決めるのはあなたですから。


あなたの心が積極的なら、彼を一途に愛するのが積極的だと思えば彼を一途に愛してください。他を見た方が積極的だと思うのなら他を見てください。決めるのはあなたです。自身の真・善・美に従って決めてください。

付き合っている彼がどうしょうもない男だとしても、あなたが彼のことが心から好きだとします。周りから「やめなさい」と言われても、あなたは頑固に一途に彼のことを愛し続けるとします。それがあなたの積極なら、それでいいのです。

付き合っている彼がどうしょうもない男なので、あなたは他の男性を見ようとしています。現在付き合っている彼に愛情が冷めたあなたは、他で未来の幸福を探し始めました。それがあなたの積極なら、それでいいのです。

ダメな男を一途に愛するのも積極的。ダメな男と別れて前に進むのも積極的。どちらがいいかは、あなた自身が決めることです。決めたら、それが積極的となります。「積極的とは」自分で決めることを意味します。

自分で決めたのですから、もう後戻りする必要はありません。一番の敵は優柔不断です。優柔不断はすべてにおいて消極的です。消極的な人はすべてにおいて決められない最悪なシナリオを作ることになります。

あなたが彼を一途に愛するなら、そう決めてください。あなたが他を見るなら、そう決めてください。決めたら積極的にそれを成し遂げることです。

あなたが彼一筋にいくと決めたのなら、それがあなたの答えとなります。

よく決めましたね、それによってあなたの信念は強固なものとなります。この信念さえあれば、今後起こるでであろう、苦難を乗り越えることができます。

ダメな男ほど可愛い。この人私がいないと生きていけない。これがあなたの生き甲斐ならそれでいいのです。世間の目は気にする必要はありません。他人はしょせん他人です、二人の関係に入り込む権限はありません。何を生き甲斐にするのか?それは本人の自由ですから、あなたがそうしたいのならそれでいいのです。

好きな人に文句があるのは当然です。好きな人に不平や不満を持つのも当然です。悪い欠点ばかり目につきますが、それらの欠点を指しおいても好きな気持ちの方が勝っているのだからしかたありません。

好きだから続けたい。相手を改善しようとか、良くしようとか、自分の意のままに操ろうとかは思わない。ただ、自分があなたのことが好きで「ここにいるよ」というのはわかってほしい。あなたには何も期待はできないけど、あなたのそばに居ることが私の希望だからです。

そんな女神みたいな人いるのかね。いますよ。好きな人を思う女性はみんな女神です。男性にもいます。ダメな人、どうしょうもない人を助けようとする男性もいます。あしながおじさんというのかね、タイガーマスクとでもいうのかね、弱い人を助ける人はいます。

彼女彼らの目的は生き甲斐です。

目的は、ダメな人弱い人がいるから自分が頑張らなくてはいけないという気持ちになる。生き甲斐こそ、積極的な心。できた人間には生き甲斐を感じないが、ダメな人間に生き甲斐を感じる。そういった積極精神があってもいいのです。人間は何を生き甲斐に生きていくかではないでしょうか。心が積極的になる生き甲斐を見つけてください。




あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-bS-JG9VL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

相手がどうの

ではないんですよね。

シンプルに自分自身と向き合うことでもありますね。

人生の操縦席には、きちんと自分が座らないと。

No title

わたしの好きな人はかなり年下です。
でも、年齢や周りの目、彼に悪いなんて思って過ごすのをやめます。
彼が大好きなので、玉砕するまではそばにいて思い続けようって思いました。
この記事をみて、改めて彼が好きで、大切な人だと感じました。

彼を見切って次へという物分かりのいい自分と、いつまでも大好きだよという気持ちとどちらも持ち合わせててます。一番やっかいですね。。次へと思いながらも、新しい出会いの場へ行きますが、そんなに人を簡単に好きになれないものです。。なんだかんだ毎日彼を思い出してしまいます。心の奥にずっといます。お互い好きになれるってどれだけ尊いかを思い知ります。きっと思い出を美化してるのはわかっているのですが。。

今日の気分は、先生が書かれていた、
「ただあなたのことが好きで、ここにいるよというのをわかってほしい。」
です。この言葉に涙が出そうになったということは、私の今の気持ちなんだな、と思いました。毎日明るく前を向こうと思いながらも、今日はそんな気分でした。。それがわかり、ちょっと心が軽くなりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する