ホーム > 心の使い方 心を強くする > 彼への愛情が冷めた。私は新しい人を見つける。
あなたがそう決めれば、それが積極的な心となります。

しかし、よく決めましたね。女性は好きな人をなかなか手放さないというでしょう。どんなダメ男でも、一度好きになったものは手放すことができない、これが女性ではないでしょうか。

でもね、愛情が冷めてしまったのです。それは努力しましたよ。彼がダメ男から卒業することを願って私なりに一生懸命努力しました。でも、結果ダメでした。ダメになったのは私が疲れたせいです。将来性のない彼と付き合うことは、ゴールのないマラソンのようなもので、途中で息切れして疲れて走るのをやめてしまいます。

疲れたら愛情がなくなりました。愛が冷めて、もうこの人は(いいかな)と思いました。周りからも「この男はやめておけ」とさんざん言われているし、今度はみんなの意見に従うことにします。

なるほど・・・疲れたら仕方ありませんね、形がどうあれ、そう決めたのなら、それが積極的な心となります。あとは前に進むだけですね。

そうやって決められる人はいいのですが、中には決められない人もいます。決められない人はおそらく愛情がまだ残っているのでしょう。さんざん苦労してきて、この人とは将来はないと分かっていながら決心がつかない。残り火の愛情ほど始末に負えないものはありません。

この人といると不幸になる。でも、残り火の愛情がある。そういう人はどうすればいいのですか?

そういう人は愛情が積極的か消極的かで見たらどうでしょうか。

残り火の愛は積極的か消極的かで見ることです。そうやって見ると、残り火の愛は未練とか、執着だとかの消極的な愛であることがわかるはずです。残り火の愛は不幸がくすぶっている愛。そんな愛にいつまでも留まってはいけません。

常にこの愛は本物か?この愛は積極的か消極的かで考えると答えが見えてきます。

感情に任せるのではなく、積極的か消極的かで判断することです。


彼への愛情が冷めた。私は新しい人を見つける。この考えはすべて積極的です。だが、未練とか執着だとか愛情は消極的です。消極的な愛情を全部なくしてこそ、心は積極的になれるのです。残り火の消極的な愛情を無くす努力をしてください。

消極的な愛情が残っていると、前に進もうにも邪魔されます。さらに消極的な愛情は貞操観念とリンクして新しい人を好きならないように仕向けます。前に進むことを邪魔され阻害されたら人は前に進むことができません。また元の木阿弥に戻ってしまうだけです。

そうならないために、いま自分が考えていることが積極的か消極的かで判断することです。

もし、あなたが判断に迷っているのなら私が背中を押しましょう。私が背中を押すときは「もう大丈夫だ!」という気持ちで押します。あなたの心に積極性を取り戻す話をたっぷりして、あなたを前向きにさせます。

いつまでも未練や依存の消極的な愛にいてはいけません。これからあなたが求める愛は積極的な愛のみです。私はそのつもりで、あなたの背中を押します。



あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-bS-JG9VL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

愛って

なんでしょう?とよく考えます。

愛にはいろいろなカタチがあって、
お互いや周りが不幸になるものも愛と呼びますね。

積極的か消極的かで判断する。
なるほどです。

私はダメ男を愛したことがないので分からないですが、手放せない理由の殆どが執着や依存だったなと感じます。

人は何故、自分の愛に見返りを求めてしまうのでしょう?見返りがなければ、愛し続けることが出来ないなんて、本当に愛してるのでしょうか?恋愛ごっこでは?

たとえば、息子ならどんなダメ男でも愛し続けるでしょう。
最近思います。
簡単に愛を口にするけれど、
本当に愛せるのはお腹を痛めて産んだ我が子だけかもしれないなと。

冷めた

彼氏から冷めたと言われキスなど拒絶されていた理由が腑に落ち私自身が現在無気力状態です

彼氏と一緒にいたいとかいろいろしてあげたいと言う気持ちがなくなってしまいましたが
連絡があるので返してしまいそうで葛藤中です



尽くしても息子じゃないから意味ないです
要らない男と決めて自分で切っていけると幸せは訪れる、そう思います。男は切られるスリルが楽しいのです

今まで連絡が途絶える事もしばしば。毎回「ごめんなさい」と言いながら戻ってきてた彼。自分は精神的に弱いし、相手のことを考えてあげられないんだと。先生がよく書かれていることそのまんま、彼自身が言っていました。
私はそんな彼でも好きでした。悪い部分も彼の一部ですから。私にとっては心穏やかに、何気ない日常を共に過ごすのが幸せだったんです。
でもそんな彼が去っていきました。着信拒否という形で…。彼なりに何か決心した(か、精神崩壊した)のだと思います。さすがの私もここまでにしようと、現在努力中です。何の言葉もなしに去るなんて、別れ方も彼らしいなと、呑気に思う私はアホなんでしょうね笑
彼との恋愛で、待つことや不安との戦い方を学びました。恋愛における自分の良さも発見できました。彼の事は今でも好きです。でも私は次に進みます。次の恋愛はもっと素晴らしいものでありますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する