ホーム > 心の使い方 心を強くする > 生活費をもらっているので、愛情がなくなったからといって、すぐに次にいけない人はどうすればいいの?
結婚して夫の収入で生活をしている。あるいは同棲していて彼の収入で生活している。離婚したら生活ができない。同棲を解除したら私一人では家賃が払えない。愛情がなくなっても、お金に縛られて決断できない人もいると思います。

結婚していれば自身の生活費だけでなく子供の生活費や学費も必要になる。それら全部見ることは、普通の女性にはできないと思います。結婚したほとんどの女性が専業主婦になったり、夫の扶養の範囲でパートをしているわけですから、愛情がなくなったからといってすぐに家を飛び出すわけにはいきません。それこそ無責任な人間となってしまいます。

では、夫や彼氏に変るパートナーを見つければいいではないか。もっと金持ちの男を見つけて、その人と一緒になればお金の問題はなくなる。またお金持ちでなくても、夫や彼氏と同じくらいの収入があれば今までの生活はなんとかなる。

なるほど、それはそうだ。パートナーをチェンジすればいいだけのこと。収入が同じくらいで、嫌いな人から好きな人にチェンジする。女性にとってはこれがいちばんいい方法かもしれませんね。

しかし、それがまたなかなかうまくいかない。嫌いな人から好きな人にパートナーをチェンジして上手くいくいった人もいることもいますが、圧倒的に上手くいかない人の方が多いのではないでしょうか。強欲の天才なら上手くいくかもしれませんが、真面目な普通の人ほど上手くいかない、これが世の流れとなっています。因果応報が働くのですね。私はそういう人をたくさん観ているので、そのことがよくわかります。

では、どうすればいいの?

思考を変えることですね。

愛には有形と無形があります。

有形とは形のあるもの、無形とは形の無いものです。ここでいう有形とは、金銭的に援助されているかいないかです。彼に生活費を援助されているのなら、それは有形の愛となります。有形の愛を無形にするのなら、自立するしかありません。彼の援助なしで1人で生きていく自立を果たしてこそ、有形から無形に変り、初めて自由の道が選択できるのです。

自立が出来ない人はどうすればいいですか。自立は意志さえあれば誰でもできます。強い意志と積極的な心があれば、どの人も自立ができます。しかし、今すぐ自立ができない状況もあります。たとえば子供がまだ小さいとか、年老いた親の介護が必要だとか、それぞれの家庭の事情によって、今すぐ自立ができない状況があります。

子供が成人するまで、親の介護が終わるまで、10年かかるとすると、10年間は今の生活を維持するしかありません。10年は長いように感じますが、自立するための10年だと思えば、丁度いい準備期間でもあるのです。ここまで頑張ってきたのだから、もうちょい頑張ろうか。慌てて変な男を見つけるより、自立する自分を作った方が近道となります。

愛情が冷めても金銭的に援助されていれば、それは有形の愛となります。愛の形は恋愛感情だけではありません。お金があって生活ができる、生きるための現実こそが愛そのものでもあるのです。この有形の愛を維持するのは「尊敬」です。相手の収入があって生活ができている、それは尊敬に値します。

好きとか嫌いとかでなくて、尊敬する気持ちで相手を敬えば10年くらいすぐに経ってしまいます。

愛とはロマンだけの恋愛感情だけでは成立しません。ロマンだけでの恋愛では生活が成り立たないからです。愛する気持ちと生活が成り立ってこそ、愛は完成するのです。あなたが将来目指す愛はそれではないでしょうか。




あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-bS-JG9VL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。
最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

10年

辛抱しました。

手に職もあり、仕事には困らなかった。
けれど、子供が小さかったので踏み切れませんでした。
コツコツと準備をして、自由になるのに10年かけてしまいました。

もっと気楽に考えて、早く道を変えればよかったかなと後悔する時もありますが、だいたい何事も道が開けない時は今じゃないのだと思います。

私の場合、尊敬が出来なくなって愛がなくなったので、その10年はとてもしんどいものでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する