ホーム > 心をクリーニングする > 人々に希望を与え、一条の光を灯す人間になりたい。
人生どう生きたらいいか、誰でも迷う。右に行くべきか左にいくべきか、その決断が難しくてなかなか決められない。するとせっかくのチャンスを逃してしまい、あとで後悔することになる。

こんなことの繰り返しで1年が過ぎていく。そしてついにこの世を去る日が来た。「オレの人生は、わたしの人生は後悔することばかりだった」と嘆いても、どうにもならない。同じ生きるのなら後悔しないで生きたい。

では、どうすれば後悔しないで生きることができるか。

ありがいことに、私たちは人生の達人を多く知っている。師匠と仰ぐ賢人、賢者の書物、偉人たちの伝記や伝説、尊敬できる偉人や書物はこの世にたくさんある。道に迷えば、彼ら達人の言葉を参考にすれば道は拓けて来る。

私にも師匠と仰ぐ賢人がいる。私が、「師の中の師」と仰ぐのが中村天風や安岡正篤である。この仕事を続けることができたのも、2大哲人のお陰である。

中村天風先生からは「心を積極的に」という勇気を学び、安岡正篤先生からは徳の大切さを学んだ。

現代社会は自由だ。誰でも自由に発言し、自由に行動できる。しかし、自由だからといって何をやってもいいわけではない。そこには不変の真理がなくてはならない。

安岡正篤は、不変の真理を人間に品格を表す「徳」においた。人徳のない人間の行動は必ず破滅すると説いている。

中村天風は、不変の真理を「善因善果」「悪因結果」においた。悪いことをすれば悪い結果となり、善いことをすれば善い結果になる。因果応報のからくりを説いた。

2人の説くところに力があるのは、それらが人間性に基づいており、その深淵から滲み出ているからである。そこには私心もなければ私欲もない。無私無欲の賢者の道である。

つくづくこの2人は凄いなと思う。

この2人こそ、人々に希望を与え、一条の光を灯す人である。

私も、2人の教えにあやかってこの仕事を続けてきた。最初は真似っ子だったが、20年もやっているうちに、少しずつ板についてきた気がする。2人にはまだまだ遠く及ばないにしても、「人々に希望を与え、一条の光を灯す」人間になれる努力はしている。

「人々に希望を与え、一条の光を灯す」この努力は今後も続けるつもりでいる。

よく考えてみれば、これが私の最終目標だった。そして普段の鑑定でも、それを中心に行ってきた気がする。人々に希望を与え、人々を幸せにする。今は暗闇の世界にいたとしても、希望を与えれば暗闇の世界から光が差してくる。

人間は、今は最悪でも未来に希望があれば、やる気が出て来る。ただ、この希望の叶う日が来るまでちょっと時間がかかる。この時間の待ち方に忍耐の重要性を学び、徳を積み、心を積極的にする習慣をつけなければいけない。

思えば、その辺をずっとカウンセリングしてきた。悩んでいる人の話を聞けば、暗闇から一条の光を灯すことはできる。話し込んでいるうちに未来に希望も与えることもできる。

あとはその日が来るまで、どう戦うか、どう我慢するか、その時間にどう徳を積み、どう積極的に過ごすか、希望を叶えるには徳のある勤勉に努めなければいけない。そして続けるには途中で心が折れてはいけない。常に心を積極的にして継続していかなければならない。これができれば、運が上がることもわかった。

運が良くなれば、希望は叶う。希望の叶う日が来るまでちょっと時間がかかるが、この時間をいかに有意義に過ごすかで、人生の大半が決まる。この時間を楽しむ人間になることですね。

こうやって文章を書いている自分にも、希望が見えてきた。私の目標は、これからも「人々に希望を与え、一条の光を灯す」人間になること。これが最終目標となります。


年末年始(12月30日~1月4日)お休みとさせて頂きます。



あなたに希望を与える沖川の電子書籍。

31-uSOiHOPL.jpg

新作はこちらをクリックしてください。

まずは、試し読みから。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

先生、とても素敵です。
死ぬまで学びは続きますね。私も頑張ります。

No title

15年来の愛読者です。ここまでハマったのは先生のご専門の男女関係についての比類のない見識だけでなく、その人生哲学の素晴らしさのゆえです。先生の目標、私に関してはもう長年達成しています!!これからもぜひぜひ頑張ってください!!

結婚したいと嘆き続けて早10年。
結婚したいのに出来てない=売れ残り?難あり?笑
そういう側面もあるのかもしれない。
すんなり結婚していく人とは、
もしかしたら何か違う部分があるのかもしれない。
けれど私は、死ぬときに隣にいる人は、
一緒のお墓に入る人は、最高のパートナーがいい。
焦って結婚した友人、結婚は妥協だ、結婚は金だと言い、そういうお相手と結婚した友人もいる。
私とは違う感覚だけど、人それぞれの価値観だから、それはそれでいいんだと思う。
けれど私は心の通った相手じゃなきゃ嫌。
とにかく性格がいい人がいい。
穏やかで心が優しく、愛情深い人。
そんな人と愛し愛されて、愛に溢れた温かい家庭を築きたい。
それだけ。それだけが望み。
いい年してこんなことを言ってる私がおかしいのかな?笑
純愛を求め続けたら一生独身なのでしょうか。
夢は叶うと信じているけど、くじけそうになります。

今日も更新ありがとうございます。

先生、尊く素晴らしい目標ですね。
いかにも先生らしいです。

おこがましいのですが、私も先生の様に誰かの光になれる人間になりたいです。
先生の様に沢山の方々には無理でも、たった一人でも必要としてくれるその人の光になれたならこんなに嬉しい事はありません。
でも現実はまだまだ修行が足らず、光どころか自分が迷子になって闇に傾く時があります。
そんな時は先生の光の下に駆け込んで、照らされた自分の姿を見つめ直して闇から脱出しております。

先生、いつもあたたかな光をどうもありがとうございます。

先生、ありがとうございました。

昨日電話鑑定していただいた者です。

昨日先生とお話するまでは暗闇の中で嫌な感情に包まれて苦しい気持ちでいました。
けれど、先生とお話しして優しい気持ちが溢れてきて残りの人生半分を
もう一度前向きに進んでいこうという気持ちになりました。
もちろんこれからも苦しいこと、辛いこともあるかもしれませんが
その時は先生からいただいたお言葉を思い出して頑張ろうと思います。
早速、中村天風先生の本も購入いたしました。

感謝の気持ちを忘れずに、過ごしていきたいと思います。
先生、本当にありがとうございました。

るろうに剣心の斎藤一みたいですね。
魚沼宇水との対決の時に、宇水が「近代化する明治にあって、どこまで刀に生き、悪・即・斬を貫けるか…な」と問われ、「無論、死ぬまで」と返した場面を思い出しましたわ。

先生の生きざま、功績ってずっと残るんでないですかね。
鑑定で数知れぬ人を救ったり、導いたり。
無論、こんな私もその恩恵に預かれたんですし。

その背中を追いかけてやる!と奮起してるバカがここにいます(笑)
追い付けなくても見失う事はない、なんて。

先生、今日も心が洗われるようなブログ、ありがとうございます。私もそのような存在になりたいです。まだまだ修行は長いし、そうなれなくても、そういう思いを持って生きたら、いつか大切な人に巡り合えそうです。修行はとてもとても長いですが、こうやって、温かい教えと応援をブログでいただけることが、幸せです。

私のメンター&師匠

私の師匠は、先生で私のメンターも先生です。人を救う仕事をこれだけ全うされていること、心から尊敬しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する