ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 結婚する経済力のない男性
現実を見る男と愛があればなんとかなるという女。果たしてこの2人の行く末はどうなるのか?

3908156_m.jpg


彼女「来年私は30歳よ、来年には結婚したいわ。」

彼「来年結婚したい?今の俺の給料では無理。」

彼女「じゃあいつ結婚できるの?」

彼「あと5年は無理。」

彼女「5年経ったら、わたしおばあさんになってしまうわ。5年なんてとても待てない。」

彼「そんなこと言ったって、どうしょうもないだろう。給料が安いのだから。」

彼女「私も働くわ。共稼ぎならいいでしょう。」

彼「子供ができたらどうする。そのあと俺が負担を背負うことになる。」

彼女「あなたは男でしょ。男なら家族を養うのは当然よ。」

彼「女はいつまでそうやって男に甘えているんだ!今はそんな時代ではない!」

彼女「なによ!その言い方。周りの男はみんなそうしているわよ」

彼「周りって誰のことだ。」

彼女「私の友達の旦那さんはみんなそうしているわ。ああ~友達が羨ましい。」

彼「羨ましいなら、友達の旦那さんみたいな人と結婚すればいいだろう。」

彼女「私が愛したのはあなたよ。愛があれば大丈夫よ。」

彼「愛なんて信用できない。愛があれば給料が上がるのか!」

彼女「給料は上がらないわ。でも、愛があればなんとかなるはずよ。」

彼「そんな少女マンガみたいなこと言っているから女はダメなんだ。」

彼女「愛で困難を乗り越えた人はたくさんいるでしょう。」

彼「現実はそんなに甘くない。夢を見るのは勝手だが、俺にはその夢を叶えることはできない。結婚を望むのなら、俺よりもっと稼ぎのいい男と結婚した方がいい。その方が現実的だし君も幸せになれる。なぁ、その方がいいじゃないか?俺たち別れようか?」

彼女「ひどい、なんでそんなこと言うの!私が好きなのはあなた。他の男性には興味がないわ。」

彼「そんなこと言ったって、今の俺は結婚できないよ。それでもいいのか?」

彼女「よくない、私はあなたと来年結婚したいの」

彼「このわからず屋!それは無理だと言っているだろ。俺には金がないの!」

結婚する経済力がないと言っている男性に、愛があればなんとかなると言っている女性。こういうケースのカップルは多い。日本の経済状況や平均賃金を見れば、経済力がないという理由で結婚をしたがらない男性が増えている。

景気が良かった時代と比べて、今は賃金がどんどん下がっている。平均年収400万円の時代では結婚はおぼつかない(経済的に苦しく、一人で生活するのが精いっぱい、結婚は現状では無理)どんなに努力しても結婚は夢の夢、結婚は現実からかけ離れているという考えを男たちが持つようになった。

現実を見据える男と、愛があればなんとかなるという女。どちらも言っていることは正しいが、どちらも言っていることは間違っている。間違いの溝を埋め、どうすれば将来に希望がもてる結婚が出来るのか?そこを皆さんで考えてほしい。この時代でも何か方法があるはずです。

次回、方法について皆さんからたくさんのコメントを寄せられました。明日の朝7時に発表したいと思います。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する