ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > ピンチのあとにはチャンスが来る
ピンチのあとにはチャンスが訪れるという例えがあります。

ピンチの後にチャンスがやってくるのは、「ピンチをしのいだとき」にチャンスはやってくる。どんな状況でも我を忘れないで、ピンチを耐えしのび、ピンチが通り過ぎるまでピンチと戦い、忍耐強くピンチを撃退してこそ、次のチャンスが訪れる。ピンチをやり過ごしてチャンスに変えるには、常に心が積極的でなければならない。チャンスを捕まえる心の準備とは、そういう積極的な心のことを指す。

「あ!ここはチャンスだったのに…見逃している…もったいない」という話はよく聞きます。皆さんの話を聞けば聞くほど、どの子もチャンスを逃している。非情にもったいないし、とても残念だと思う。

「チャンスは一度」見逃したら二度と来ない。もし万が一、次のチャンスが来るとしたら数年はかかる。オリンピックと同じで4年かかる。そんなにかかるのなら、この男とはない。チャンスとはマラソンランナーのごとく。捕まえる準備ができていないと、スタコラ・スタコラと去っていく。一瞬の躊躇が、「あっあっあっ」と去っていく。

去っていくチャンスに、いくら「カムバック!」と叫んでも、チャンスは二度と戻って来ない。あなたは「あっあっあっ」と落胆の声を上げ、あなたの目の前をマラソンランナーのごとくチャンスは逃げていく。

111431_m.jpg

女から見れば男はみな自分勝手。

だが、チャンスは自分勝手な男の部分に隠されている。

自分勝手な男の部分に女は振り回されて悩み苦しむ。そして、自分を悩ませている男に敵意を持つ。「好きだけど敵対する女心」この女心は、男の意向に逆らう形となる。

付き合い立ての頃の彼は優しかった。私を一番にしてくれた。その頃の女性は男の意向に素直に従う。だが三カ月後、彼は仕事が忙しくなり、私を一番にしてくれない。その頃から女性は反旗を翻すようになる。待たされてイライラして、ストレスが溜まりにたまって反旗を翻すようになる。モヤモヤとした時間が長くなればなるほど、女性は彼を疑うようになり彼に逆らうようになる。そして、悩み過ぎてネガティブが頂点に達する。

ピンチをしのいだとき」チャンスはやってくる。でも、最近の女性はピンチをしのげない。せっかちでワガママで、すぐに白黒決着をつけようとする。根気と忍耐が足りない。ピンチをしのいだとき」チャンスはやってくる。そのことを覚えておく必要がある。それを覚えればチャンスを自分のものにすることができる。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

沖川先生
こんにちは

私は結婚したいのにバツイチの彼は乗り気でないのです。
彼の兄弟は結婚を応援してくれているのに。
子どもに再婚はしないと宣言していたのかも。彼女がいるなんて絶対言いたくなさそう。
今までチャンスはなかった気がします。先生と話したチャンスは来年です。結婚するならその時に出来るようにとお願いしちゃいました。その気がないなら振られますが。。信じるしかありません。

沖川先生。対面(ZOOMでもラインでも)で鑑定していただく機会ありませんか?

No title

対面鑑定ですか?申し訳ありません。引退して間もないので、今現在は電話鑑定のみで、しばらく行こうと思っています。将来的には分かりませんが、今は老けた沖川を楽しんでいます。人前に出るといろいろと支度をしたり、気を引き締めなければいけませんから。しばらく顔出しなしのミスター?で行こうと思います。

No title

親切な沖川先生が答えを書いてくださってますよ。すぐに白黒つけたがるな、根気と忍耐と。あせっているそぶりなど見せずに知らん顔してチャンスを待っていればいいかと。失う時はしょうがないという覚悟持っていれば待つことも怖くありません。坂上忍さんみたいなこともありますから。心を強く持って頑張ってください。ヤフコメみたいですみません。

お返事ありがとうございます

沖川先生。いつの日か実現することを楽しみにしています。それまではお電話でよろしくお願いします。

信者さま。彼の仕事が繁忙期に入る前に(話を進めてほしい。もう遠距離3年目)と伝えました。失うときは仕方ない覚悟の上でした。…心を強くして待ちます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する