ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 盲目の中でも女性の恋愛は進んでいる
その点、女性は進んでいます。
いくつになっても恋をしている。
生き甲斐のために恋をしている。


男性から見れば非合理で非常識な恋愛だが、女性から見れば生き甲斐となっています。人間なんのために生きているのか?それを女性は恋をすることで証明しているのです。

恋愛は常識でも法律でもルールでもない。心理でも哲学でも宗教でも理性でも論理でも自己啓発でもない。恋は生き甲斐を見つける革命なのです。だから恋に常識など必要ない、常識なんかくそくらえ!とばかりに女性たちは恋に夢中になる。

そして悩む、常識に捉われて悩む。罪悪感にむしばれて心を痛める。自分がやっていることは良いことなのかと常に善悪の境にいる。

フリーの恋でも、不倫の恋でも、浮気の恋でも、恋する女性は常に切ないほど病んでいる。常識で考えたら「そんなのやめちぇ」となるけど、常識では計り知れない運命に翻弄されて、女性たちは恋に邁進する。

常識ある人から見れば、これは非常識かもしれない。だがその常識は権威者たちが作った偶像に過ぎないと、恋する乙女は偶像を破壊して自分の恋愛を正当化する。好きなものは好きと、人を好きになって何が悪い、好きだから仕方がないと正当化する。

ではなぜ悩むのか?それは、権威者が作った偶像の世界に男たちがいるからです。

第三者や大人や社会のルールが、みな偶像の世界に支配されているからです。そいつらと戦っているのが、恋している乙女のみとなります。まるで革命児のように戦っています。誰もわかってくれなくて、たった一人で戦っています。

恋愛は革命であり生き甲斐です。それなくて人間は生きていけません。忘れていた生き甲斐を取り戻すために乙女は恋に走る。そして権威者にがんじがらめに凝り固められた男たちに訴える。仕事だけが生き甲斐ではないと。生き甲斐は人を大事にして愛するからこそ生まれると訴えているのです。

恋は盲目か、それならそれでいいのでは。

誰に反対されようと、好きなのは好き。

この人が好きなら、きっと神様が用意してくれたのでしょう。うまくいくかいかないかはあなた次第、だから頑張りなさいと神は遠くから見守っています。


あなたに信念があれば、反対されてもあなたはその信念を曲げずに努力すれば成就することができます。

反対された分だけ道のりは厳しいかもしれないが、また皆が心配していた試練に遭遇するかもしれないが、好きになったものは盲目ではないときっぱりと否定し、自分の目は節穴ではないと、自分の選んだ相手は正しかったと、皆を納得させるまで、自分の恋を成就させることですね。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

恋は盲目というけれど、ある日理由もなく突然冷める。嫌になる。面倒くさくなる。音信不通にしたくなる。男性みたいです。これって持って生まれた脳の性質なのでしょうか。一途で真剣な長続きする恋愛をしたかったかというとそうでもないです。恋愛よりも自分独りの時間を楽しむ方が好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する