ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > これからは女性が積極的になる時代
失敗する人は消極的、成功する人は積極的。

これは誰しもわかると思う。だが、人は積極的になかなかなれない。とくに日本人はそう、日本の国民性から、なかなか積極的になれない。

国民性がそうである以上、恋愛における女性も、好きな人の前では積極的になれない。好きな人の前で積極的になれば厚かましいと女と言われ、うざい、しつこいと思われて嫌われるだけ。日本の男子は控えめな女性の方が好き。それに合わす形で好きな人の前ではネコを被るしかない。

でも、最近は古来の伝統から来ている国民性は通用しなくなった。世の中のは草食系男子が多くなってきたからだ。女から動かないとデートもできないし、女からアプローチしないと付き合うこともできない。面倒で厄介な時代になった。

今の20代の男性は半分以上彼女がいないらしい。ある調査では、最近の20歳は、8割彼女がいなく、5割童貞らしい。どうやら女性と付き合うのが怖いと聞く。だから男子会なるものが横行している。休日の午後のひととき、仲のいい4人組みの男たちが集まり、スイーツを食べながら楽しそうにお喋りをしている。

趣味の話や近況報告、情報交換などして、スマホ等のゲームで対戦して交友を深めている。恋人がいないモテナイ君たちの集まり。彼らは彼女がいないことに寂しさを感じず、仲のいい男友達で男子会をしながら休日のひとときを過ごして満足している。

彼女のいる男子はどこに行ったのでしょう?まさか一人で女性を独占しているのではないでしょうね、といいたい。モテル男が2割だとすると、一人で5人の女性を相手にすればバランスがとれるという計算ができる。1年で2~3人付き合っていって、2年もすれば女性一人一人に彼氏ができる計算になる。

ただし恋愛期間は短い。長くて半年、短くて2週間。チョコットラブの多い昨今は、そうやってモテル男がかきまわしているのかもしれない。モテル男に女性が集まり、モテナイ男には全然女性が来ない。寂しさを埋めるためしかたなく男子会をするしかない。

「モテル男に女が集まる」沖川の極論でした。

男子がこうなった以上、女子が動くしかない。待っていたら、いつまで経っても来ない。女性からのアプローチ方法を勉強するしかないか。どんなアプローチ方法がいいか?うむ、

沖川自身も研究する必要がありそうだ。今までの経験を駆使して、女性からのアプローチはどんな方法がいいか?考えてみたいと思う。

次回どんなアプローチがいいか、それを述べていきたいと思います。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する