ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 不倫や浮気に対する皆さんの考え
不倫を、罪悪感も恥じらいもなく、ステイタスのように思う人間が最近多くて、驚いています。

浮気や不倫に対して皆さんはどのように考えているのか?今日はこれをテーマにしていきます。

不貞の愛は、世間から見ればルール違反。しかし、このルールは人間が作ったもの。人間には感情があってルールを破る欲望も持っている。人を好きになり人を愛する気持ちは、人間が持つ基本的な欲求。だが、この基本的な欲求をこのまま野放しにできないのが人間界のルール。人間は人を愛する本能的な欲望と人間社会が作ったルールの狭間で生きている。本能に従うべきか、社会のルールに従うべきか、2つの狭間に人間はいる。

人間は動物ではない社会のルールに従うべきだという人もいれば、社会のルールは息が詰まって自由がないから嫌だという人もいる。前者は人間が作った社会のルールを肯定し、後者は人間が作った社会のルールを否定する。そして多くは人間社会のルールに従って生活をしている。

人間はこの世に生まれたときから社会教育を徹底的に刷り込まれる。親の躾、学校教育、社会の労働や仕事、それはすべて社会教育である。人間は社会教育によって、動物とは違う人間としての形が出来上がった。

だが・・・動物としての本能も人間にあり、それを社会教育で抑制することはできない。人を好きなる気持ちは罪悪を超えたところにある。これを人間社会で取り締まる権限はない。愛の感情は、社会のルールを大きく超えたところにあるので、人間界が作ったルールで規制することはできない。


あとは、個人個人が社会のルールと自分の欲望を自己責任において、コントロールするしかない。

人間は動物が持つ本能と社会のルール。この二つのルールの狭間にいる。動物的な本能が強い人は性的なルール違反を犯し、社会性の強い人はルールを守る常識の中で生活をしている。

そしてルール違反を犯す人間は、動物とは違う社会教育が埋め込まれているので、自分が冒している罪に罪悪感を持つ。本能に従うべきか、社会のルールに従うべきか、この2つでいつも悩んでいる。

世間を揺るがすような大罪、何十億の贈収賄事件や戦争犯罪と違って平均的な人間が冒す罪は不倫や浮気である。そしてこの罪を犯す可能性は全人類が持っている。人間はまだ完璧ではない。本能と社会の狭間でいつも戦っている。愛を人間社会のルールで取り締まることはできないので、あとは個人の自己責任、自分で責任を取るしかない。


浮気や不倫に関しては、人によって様々な考え方があります。

考え方は、否定派と肯定派に分れます。どちらかというと否定派の意見の方が多い。さすが人間社会、教育が行き届いている。皆さん社会のルールに従って規則正しく生きている。

しかし、中には浮気や不倫を肯定する人もいる。肯定派は遠慮しているのか、真っ向から肯定はしない。(仕方がなかった…)という理由付けで肯定している人が多い。そこに動物と違う人間の葛藤が起きている。自分の愛を肯定したい気持ちと社会のルールに従いたい気持ちが交錯して葛藤している。そこに人間の弱さがある。あとは個人の判断に委ねるしかない。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

白黒では語れないかも…

不倫は、勿論ダメですね。
恋愛関係なら自由なのかもしれません。
私は許せないですし、自分もしませんが。
否定したところで、人の心をコントロールする事は出来ないですし。
心のあるがままに生きようとすれば、人も自分も傷つけますね。
大きな人生でみれば、どんな痛みも貴重な経験値なのでしょう。
ただ相手じゃなくて自分を変えないと、同じ過ちを繰り返すだけのように思います。

恋愛をする目的も人それぞれなので、そこも影響するのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する