ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 浮気や不倫に関する私の見解
恋愛にはやっていい恋愛とやめた方がいい恋愛がある。

やっていい恋愛とやめた方がいい恋愛の線引きはあなた自身にお任せします。他人から言われなくても、やっていい恋愛とやめた方がいい恋愛はあなた自身で分かるはずです。不倫や浮気はやめた方がいいと巷では言われていますが、これは他人の常識ある言い分で、不倫や浮気をしている当事者はそうは思っていない。不倫や浮気をする人はそれなりの理由があってのこと、全てが悪いというわけでもない。理由は人それぞれ違うが、理由いかんによっては、やっていい恋愛とやめた方がいい恋愛があると思います。


理由は、男女によって違う。

女性の理由。
パートナーに思いやりがあって誠実ならば、浮気や不倫はしない。

パートナーに思いやりがなく、不誠実だから、浮気や不倫でその穴埋めをする。

男性の理由。
パートナーが自分を信じていれば、浮気や不倫はしない。

パートナーが自分を信用していないから、浮気や不倫でその穴埋めをする。


男女の理由は、大きくこの二つに分かれます。女性は付き合っている彼に舐められてバカにされると、彼以外の優しい男性に走る傾向がある。男性は付き合っている彼女に束縛され、疑われると、彼女以外の優しい女性に走る傾向がある。

もちろん性欲もある。性欲は男性の方が強く、性欲をコントロールできなくて浮気に走ることもある。だが、男性の性欲は瞬発的なもので長くは続かない。性欲による浮気もいずれ飽きてしまい、元の鞘に収まる。

その点女性の性欲は男性ほど強くはないが、持続力がある。そして、心と体を許した女性は元の鞘に収まらない。それがとても厄介で、事態は複雑となる。

男性の性欲は発情期のオスのような習性に対し、女性の性欲は継続的に持続する。そこには罪悪感との戦いもあり、パートナーが悪いからそうなったと罪を打ち消す正当性も展開される。

悪いのは私をぞんざいに扱っているパートナー。私を下に見て、私をバカにして、私のことを舐めた彼(主人)の方、私は悪くないという言い分を作る。そして浮気や不倫相手に心から陶酔していく。自分たちの恋は間違ってないのだと…言い聞かせながら…このドラマが女性の頭で展開されていく。


どんなドラマを作るのもいい。

あなたの人生だ。あなたがそうしたいのなら。そうしなさい。

だが、全てが自己責任。それを忘れないように。

やめるのも自分、続けるのも自分、それしかありません。

そして、多くはその恋が終わったあと。

「もう、二度とやらない」と決めるはずです。

最後は人間に戻るのですね。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

信頼とは?

彼のやってる事に対する口出しは、信頼していないからなのでしょうか?
何をやっていても放っておくのが信頼ですか?
意見を言える事が信頼ではないのかな…
彼は窮屈だと言っていたので、意見は束縛と感じたようです。

仕事でよくありますよね。
信頼って、あなたなら大丈夫だと信じて任せること。(結果は思う通りとは違ったとしても…)
任せたのに相手にマイクロマネジメントしたり心配したら失礼になってしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する