ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 彼女は自分の味方であること
男性が望むのはたったこれだけです。

今日の話題は、男性が彼女に対して何を望むのか?それについて述べていきます。

前半は男の都合を述べていきます。後半に女性の反論と共感を述べさせていただきます。

では前半の男性が求めている女性像を述べていきましょう。

愛とは信頼関係。

信頼関係とはお互いが安心できる関係、すなわち味方である。

男は外に出れば7人の敵がいると言われている。朝から晩まで敵と戦い疲れている。やっとの思いで戦場から解放されて彼女に会う。でも、彼女が8人目の敵では男は恋などしようなどと思わない。

敵とは、
文句を言われたり、責められたり、注意をされるのが敵。その敵は、男の敵だけで十分、「今日も上司に命令されて疲れた」「訪問先の顧客にクレームを言われ疲れた」 「会議でも成績が上がらない理由を責められて疲れた」そして彼女に「何で連絡よこさないのと言われ疲れた」・・・僕には味方がいない。

みんな敵だ!どの敵から退治しよう。仕事の敵を退治したら食べていけない。一番被害の少ない彼女という敵を退治しよう。これで僕は少し楽になる。疲れる原因のひとつがなくなって、やっと安心できる。疲れる彼女はいらない、だったら一人の方がいい。

男は味方を浴している。

男性が思う女性とは、「優しさ」だ。

疲れているとき優しく迎え入れてくれる女性。女性の役割はこうだと言わんばかりに、男性は女性にその優しさを求めている。男性のエゴかもしれないが、女性にもエゴあるように男性にもエゴがある。


僕が疲れているとき、彼女は優しく迎え入れてくれる。仕事が忙しく三ヶ月も連絡をとっていないのに、彼女は文句ひとつ言わず、ニコニコと明るく接してくれる。僕が「しばらく連絡が取れなくてゴメンな」と言うと、彼女は「お疲れ様、お仕事大変だったね」と一言だけ言って、後は普段通りに接してくれるそんな優しい彼女を男性は求めている。


そんな天使みたいな女性がいるわけない。

男性の求めとは裏腹に、三か月も音信不通にされ、放置された女性が、ニコニコとむかいいれるわけない。三か月分の恨み節をぶつけるのが関の山。


「忙しいと女性を放置する男性」

「放置がこの世で最も嫌な女性」

お互いがお互いのエゴでかみ合わない。それぞれ自分の欲求ばかり。

自分勝手な欲求ばかりでは、男と女は優しくなれない。優しさにも忍耐が必要だからだ。そして、味方になるには、もっと長い期間の忍耐が必要となる。男性はその忍耐を女性に求めている。

はい、前半はこれで終了です。

前半の記事は男性に受けるかもしれません。男の都合満載で、多くの男性が「そうだ、その通りだ」と共感してくれると思います。外に出れば男には7人の敵がいる。7人の敵と戦って疲労困憊しているときに彼女が8人目の敵になったら敵わない。彼女だけは自分の味方であって欲しいという気持ちは分かる。

だが、味方になるには男の都合に合わせて我慢しなければならない。男性たちは自分の都合を押し付け女性に忍耐を強要する。女性側から見れば自分だけ我慢する忍耐は耐えられない、そんな不公平な味方にはなりたくないと反論する女性もいれば、忍耐の意味を理解して彼の味方になるように共感を示してくれる女性もいます。

では最初に、反論する女性の意見から述べていきます。

忙しくて、男性が女性を放置(①男性が先にエゴをぶつける。女性は我慢)

仕事が忙しく三ヶ月も連絡をとっていないのに、彼女は文句ひとつ言わず、ニコニコと明るく接してくれる。女性はさらに男性のエゴを満たすよう我慢して行動。男性は我慢しない。全く対等な関係ではありませんね。男性はずっとわがままし放題なので、気分がいいのは間違いありませんが。 私ならこんなワガママな甘えた男性は要りませんね。母親代わりにされるのがオチなので、私は彼の母親にはなれません。

後半の話は次回へ。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する