ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 愛があればお金がなくても・・・
愛があればお金がなくても何とかなる

愛は同情かもしれません。お金がなくても人は同情で愛せる。「お金とは愛ですよ」と私がいくらいっても、愛はお金で買えないと反発する。見返りを求めない無償の愛こそが本物の愛と信じているのでしょう。

お金と愛、皆さんはどちらが大事ですか?そしてどちらを選びますか?と尋ねると、わたしはお金が大事だという人もいれば、お金より愛の方が大事という人がいて、愛よりもお金を選ぶという人もいれば、お金より愛を選ぶという人もいるでしょう。

私、沖川は欲張りなので両方行っちゃうかな。両方欲しがる人も当然にいると思います。あなたはどっちですか。

愛があればお金がなくても何とかなる。

「見返りを求めない無償の愛」まずは、そちらから語っていきます。

お金がなくても愛さえあれば生きていける。住む場所なくても、ご飯を食べなくても、洋服が買えなくても、スマホが買えなくても、文化的な生活は一切できなくても、私は愛する人と共に生きていく。

彼がお金を稼げないのなら私が稼げばいい、私が働いて彼を守る、それが私の愛だ。お金がなくても愛さえあれば大丈夫という究極の愛は、そういうことを言うのでしょう。

お金がなくても、愛があればなんとか生きていける。餓死しない程度に雑草を食べていくとか、1食を100円程度で済ますとか、家賃・光熱費、食事代、すべての生活費をいれて月10万円以下なら日本でもなんとか生活することができる。ただし贅沢は禁止となるが。

二人で月10万円以下の生活。

うむ、理想だ。お金を稼げない男には理想だ。

日本で、年収100万円以下で生活ができれば最高かもしれない。

年収100万円以下なら1日4~5時間を月15日程度働ければいい。パート程度の仕事で生活ができればとても楽だ。毎日朝から晩まで(12時間から15時間)働く必要もない。仕事に対する責任もないので、肉体的にも精神的にも楽。それでいいという女性がいれば、是非そういう女性と結婚したい。月10万円以下の生活を上手にやりくりできる女性がいれば、それが男の理想となる。

あなたはそういう生活に耐えられるでしょうか?



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

「お金が無くても愛さえあれば」とは確かに思っていましたけど、幾多の修羅場をみたり経験してきて痛感したのは、何はともあれ最低限+αのお金が無ければキツイ。 

どん底から這い上がり始めた時にまずは最低限でも食べるものとせめてものお金は必要でしたから…
お金の亡者になれとは言わないですけどね、愛があればお金が無くても大丈夫って思いたいですが。



No title

最低限+αのお金。
それを得られる男になってください。
男は、なろうと思えばなれます。
頑張ってください。

沖川先生、ありがとうございます。
棺桶が見えてきた年齢ですが、考えながらやってみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する