ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 若い時は波瀾万丈を求め、歳を取れば穏やかを求める
普通の男はつまらない。

真面目で面白くない。

私はやはり悪い男が好き。


バカな悪い男ではなく、何かを持っている悪い男。

悪い男というと世間の評判が悪いので、ワイルドな男。タフでアグレッシブで打たれ強い男。ワイルドな男はハチャメチャだけどかっこいい。その人の愛車に乗って都心を「イエ~イ!」と滑走したい。


あるいは、普通の男はつまらない。

私は心に問題を抱えている人が好き。


最悪な家庭環境でメンタルが相当いじけた男が好き。すべてに対して自信がなく、すべてに対して否定的で、世の中に不信を持っている男が好き。こういう男は面倒だけどなんとかしたい。私が彼を守りたい。私が彼を育てたい。いじけている彼に私と知り合ってどんなにラッキーなことか教えてあげたい。今までの不幸を全部私が幸福に変えてあげる。

若い頃は問題児が好き。

こいった傾向は、若い女性に多い。

でも、その女性は問題児ではない。

ヤンキーでも不良少女でもない。

ごく普通の女性。

普通なら普通の問題のない男性を選ぶべきだが、普通の男性は嫌だという。

普通の男性は、つまらない。おもしろくない。刺激がない。やる気が起きない。

本人は普通だが、求めている男性は正反対の人。

世間一般から見れば、やめた方がいいという男ばかりを好きになる。

そして世間は、この女性の不幸を予想する。

世間とはそういうものだ。


で、沖川はどう考える。

正直、この手の相談は山ほどある。


その中で世間の道理に従う場合もあれば、道理から外れる場合もある。

道理から外れるとはどういうことか?


それは、その女性が経験することを止めないことにしている。

この女性は、あえて、不幸になりそうな男を選んで自分の成長を図っている。

つまり、自分がどれだけ強くなるのかチャレンジしている。

これは経験だ。

経験は摘まなければ人間は成長できない。

だから、経験を積ませて、それを暖かく見守ることにしている。


世間が反対する人との恋愛は、その通りに波瀾万丈となる。

再起不能と思われるくらい痛みつけられる。

言葉で言い尽くせないくらい散々な目にあう。


辞めた方が良かったと後悔することになる。


それも勉強だ。
人間はこういった勉強を積んで大きくなる。


そして年齢を兼ねれば、最終的には普通の穏やかな男性を選ぶようになる。

最終的に選んだ普通の男性は、つまらない、おもしろくない、刺激がない、やる気が起きない、という気持ちが起きない。真面目な普通の男性の方が、この世で最高の男だと気づくことになるからだ。今まで悪い男たちと付き合ったのは、この男性に出会うためのもの。過去の不幸な経験が真面目で最高の不通の男性と巡り合うためのものだったということに気づいた。

若い時は波瀾万丈の男を求めたが、歳を取ってから穏やかな男性を求める。

これで私の人生計画は完成へと向かう。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する