ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 男は好きでも別れることができる
昨日の記事は、「男とはこういうもの、男を知ろう」ということで書きました。男を知れば、女には理解できなかったことが理解できるようになり前に進むことができるからです。

知らなければ、いつまでも尽くして愛してしまうのが女。わずかな可能性があれば最後まで頑張ってしまうのが女。それに対して男は、女にわずかな可能性を残しながらも別れようとする。なぜ別れようとするか?それは好きだから、そして責任が取れないからです。

男は、好きだけど別れることがある。
女の、好きなら別れることない。
とは違う。

男の別れ方は失恋ソング。

男が歌った、男の失恋ソングの歌詞を見ればわかる。

「あの頃に戻れた~なら二度と君を離さない」「オマエが最後の女」「君には罪はない、罪はないんだよ」「旅立ちの日、眠っている君をポケットに入れて連れていきたい」「会えない時間が愛育てる」「君に語った夢に嘘などないからね」男は付き合っていた当時を思い出しながら哀愁に酔い、「悪いのは僕、君には罪がない」と言って最後に別れようとする。

男の別れ方は白黒でない。男の辛い気持ちを察してくれというグレーな別れ方。別れを白黒で傷つけるのでなく、懐かしい思い出を汚すことなく、仕方がなかったという状況設定で別れたい。男のグレーは、ある意味ロマンチックかもしれない。

「こんなに愛しているのに…さようなら告げる」

こんなに好きなのに…別れなければならない。

悲しみを胸に秘め。

男は、
波止場で、駅で、空港で別れる。

背中で悲しみを見せながら。

男はロマンチックな別れを演出したい。

責任を取れない冴えない男が見せる別れ方はいつもそうだ。

別れる男の気持ちは、過去のヒット曲の失恋ソングに記されている。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

男性は責任が取れない(まだ結婚できない)と思ったときに好きでも別れますよね。

その時はよーくその人を見て、女性からプレゼンするかどうか決めたらいいと思います。
難関資格試験に挑戦とか…難しいと思います。

よくわからなかったら沖川先生に聞きましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する