ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 心を健康に保つためには、消極的な言葉は使わないこと
「辛い、悲しい、苦しい、駄目だ、困った」というような言葉を使っていると、心は消極的になりすべてがうまくいかなくなる。

人生は考えた通りの結果を招く。

悪い結果になったら、それは自分が招いた結果にすぎない。

どんな結果であれ、すべてが自己責任。

人間はつい悪いことを考えて心配するが、それはいい結果をもたらさない。そのことを胆に銘じて、「悪いことは考えない」これがあなたの合い言葉だ。

消極的な考えは、悪い結果をもたらす悪魔の囁き。あなたのネガティブが悪魔に勧誘されて悪魔の考えに汚染されている。だから、その場所から離れられないのだ。

一日何時間も悪魔の囁きに付き合っていると、頭の中は妄想でパンクしてしまうよ。将来の不安、心配、悲しみばかりを悪魔に相談していると、あなたは気がふれて頭がおかしくなるよ。「退治しなさい!悪魔を。」退治する方法は、絶対に消極的な言葉は使わないことだ。

悪魔が侵入するのは、あなたが消極的な言葉を使うからだ。そして、消極的な考えを持つからだ。これからは「辛い、悲しい、苦しい、駄目だ、困った」という言葉は使わないこと。それに付随する考えも持たないこと。それを終始徹底しよう。

恋をすると、女性はいつも悪魔の囁きに引っ掛かってしまう。恋のスイッチが入るまでは冷静に客観的に判断ができていたのに、スイッチが入った途端、「え!同じ人なの?」というくらいボロボロになる。どんな強い女性でもボロボロになる(女性とはそういう生き物だ)スイッチ(好き)は結婚式が終わってからでいいのに、その前に入ってしまうから悪魔の餌食となってしまう。

悪魔の囁きは好きになった途端に起きる。女性は男性を好きになると、どうしても心配事から入るクセがある。それがネガティブな考えとなり、ネガティブが増殖し、悪魔の意のままに消極的な人間になってしまう。

女は恋をすると女になる。

女は恋をすると男に依存する。

依存が愛だと言わんばかりに。

昔はこの依存が可愛かった。守ってやろうと男たちが奮起した。

だが今の男は違う。今の男は、依存が…怖い。

依存が怖いと言えないので、「ウザイ、重い、しつこい」という他の言葉に置き換えているだけ。

本当は怖いのだ、依存が。オレに頼るなと、心で叫んでいる。


こんな時代に逞しく生きるには、

男に依存しないこと。

消極的な言葉は使わないこと。

愛は、依存でも期待でもない。

愛は、自立によって自分の力で掴むもの。

自立の愛を手に入れた人は、二度と消極的な言葉は使わない。あなたも二度と消極的な言葉は使わないことだ。そうすれば、本物の愛が手に入る。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する