ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 依存しなければ悩みは消える
人生に悩みはつきもの。
だが、いつまでもその世界に居てはいけない。

不安があれば不安と戦い、悩みがあれば悩みを打ち消せばいい。

どうやって?
簡単なことよ。
「心を積極的にすればいいんだよ」

心が積極的になれば、どんなことだってできる。

どんなことだってできるという気持ちになれば、悩んでいる暇はなくなる。悩んでいる暇がなくなれば悩みは消えてなくなる。

悩みとは、行動に移す前の阻止する心であり、躊躇する心であり警戒する心である。悩みとは、いわば行動を阻止する厄介な感情である。頭ではこうすれば良くなるとわかっている。

だが悩みという警戒心が、こうすれば良くなるという行動を阻止する。それによって人間には二つの感情が生まれる。1つは前向きに行動したい気持ちと、ひとつはそれを阻止する気持ち。

どちらか一つに決まっていれば人間は悩まないが、悩み多き人間は二つの感情を常に持ち寄って悩む。なぜ悩むか?どちらにもうまくいくという保証がないからだ。うまくいく保証がないから人間は悩むようにできている。

頭ではこうしようと考えても、悩みという警戒心が「ちょっと待て」と躊躇する。これの繰り返しばかりでは、あなたは前に進めないよ。
前に進むためには、どちらか一つ決めることだね。

頭で考えたことを躊躇なく行動に移すか、それとも「待て」という直感に従って行動を止めるか、どちらか一つに決めなさい。そして決めたことを最後までやり遂げなさい。あきらめるか、行動するか、どちらかに決めれば悩みはなくなる。優柔不断は「人類共通の敵」だということを忘れないように。


うまくいく人とうまくいかない人の考え方.


うまくいく人は(自信がある)

うまくいかない人は(自信がない)

自信がある人は何事も「できる」と考える。

自信がない人は何事も「無理」と考える。

自信がある人は必然的に「自分の実力を試してみたい」と考えるので、上へ上へと行こうとする。自信がない人は「いまのままでいい」と考え、現状維持を望む。結果、自信がある人はチャンスの幅を広げ、自信がない人はチャンスの幅を制限する。

お金持ちになれる人は「チャンス」が見える。

お金に縁のない人には「障害」が見える。

お金持ちになれる人は「成功の可能性」がわかる。

お金に縁のない人には「失敗の可能性」がわかる。

人によってこれはチャンスだ!と考える人と、これはただのトラブルだと考える人がいる。目の前で起こっていることは全く同じ事なのに捉え方が人によって違う。金持ちになる人はチャンスと捉えるポジティブな考え方を持っており、金持ちになれない人は、チャンスを障害と考えるネガティブな考え方を持っている。最初からこのように諦めてしまっていては、誰がどう見てもチャンスだと思えるようなことでも、ただのトラブルとしてしか認識することができない。トラブルではなくチャンスだと認識することだ。ピンチをチャンスに変えられる人間こそが、自分の望みを叶ている。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する