ホーム > 結婚 (結婚の条件・タイミング・危機・技術) > 給料が安くても、男が「結婚したいと思う女」(結婚する条件)
給料が安くても、男が「結婚したいと思う女」

これはもう、「理想の女」でしょう。

あなたは彼の理想の女になればいいのです。理想の女とは好みはもちろん、タイプでもあり、失ったらもう二度とこんな女とはめぐり合えないだろうと思わせる女のことです。

そういった女性なら、男はモチベーションを上げ、今は給料が安くても彼女を射止めるために倍の努力と頑張りをしようと決心します。具体的には昼間の会社の通常勤務では給料が安いのなら、自ら率先して仕事を作り、残業や休日出勤を願い出、収入を増やそうとします。それでも足りないなら、昼間の仕事が引けたあとにアルバイトでも何でもするでしょう。その気になれば今の給料に10万円くらい上積みできるはずです。若いから体力とモチベーションさえ上がれば何とかなるものです。それだけ彼女が最高の女なら男は頑張るでしょう。その最高の女は男の「理想の女」です。

一般的な男の理想の女の優先順位は、

1、外見のいい女、色白でスレンダーな美女、顔が良くてスタイルが抜群で綺麗な人、こればかりは古今東西男が求める理想の女像です。美しさは、男のモチベーションを上げます。

2、性格のいい女、優しく思いやりがあり、気立てのいい女。気配りがあり、彼の味方であり、彼に熱い関心を寄せ彼を愛している女です。

3、能力の高い女、自立している女。一般常識と社会的な教養があり、それでいて家庭的な部分もしっかり持っている女、代表としては料理が上手な女。

すみません、男の都合で(一部私の理想も入っています)・・・1,2,3、拍子整っていれば、もう男は自分のために彼女に求婚を申し込むでしょう。これを逃したらもう二度とこんな最高の女に出会えないと思うからです。

その逆は女性にもあるはずです。男バージョンで、外見、性格、能力の(3高)、3拍子整っていれば、女性も求婚したいと思うはずです。

理想と現実は違います、天は二物を与えません。と言われていますが、理想は努力によって近づけることができます。「それが自分磨きです」
外見は、彼がスレンダーな美女を好むなら、スポーツジム、エステに通いスリムなボディーを作ればいいのではないでしょうか。骨格は変えることができなくても脂肪を燃やすことでスリムなボディーを作ることができます。私のお客さんで、10kgもダイエットした人がいます。見違えるほど美人になり、「私の体系は峰不二子?と同じよ」ルパン三世の相手役の女性のことらしいですが、私は峰不二子の体系は知りません・・・が確かに別人、こうも変わるものだと(失礼)思ったものです。

性格は基本的には変わりませんが、人間性は自身の努力で変えることができます。優れた本を読んだり、優れた人に交友を深めることで成長していきます。思いやりがあって気立てのいい子は、合コンなどでも「いいな」という威力を発揮します。飲み会などで気のつく子は正直いいと思いますよ、気遣いながら軽く世話をしてくれる子は冷めて動かない子よりいいでしょう。カラオケなどで、人が歌っているのに他人と関係ない話をしたり、お地蔵さんのように静かに聞いている子より、拍手をしたり「うまい、すごい」と可愛くリアクションをしてくれる子の方が断然いいです。普段は気づかなかった高感度が10倍はアップするでしょう。

能力、何もキャリアウーマンのごとく、「男なんかに負けない」とバリバリ働いている人のことではありません。女性で仕事の能力が高すぎる人は、人として尊敬はでき、仕事のパートナーとしてはいいのですが、恋愛となると引いてしまう男性のほうが多いのではないでしょうか。男の主観は贅沢で、こと男と女の関係となるとやはり男より一歩下がる女性を選択する率が高くなると思います。男性が求めている能力は、ある程度の自立です。何でもかんでも男に依存するのではなく、芯はしっかり持っている女性のことです。守ってあげようという女性の弱さを持っていながら、いざとなったら狼狽することなく頼りにもなる女性のことです。

理想の女性像をいろいろ述べてきました。これは私だけの主観だけではなく、皆様からの相談の中から理想像を抜粋したものです。女性の悩み相談の中から、「男はこう思っている」を私なりにまとめてみました。

理想の女性ならば、たとえ今は給料が安くとも、男はモチベーションを上げ結婚したいと思うはずです。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

「そのままのキミでいい」と言ってくれる今の彼に感謝しなくちゃなぁと思いました…。

こんばんは。教えて頂きたいのですが、家族をはじめご先祖様を大切にしている女性ってどう思われますか?好きな人とひょんな話から「寝る前には必ずお仏壇に手を合わせ一日の感謝の気持ちを述べてから…」と言うと「えぇっっ!!どん引き~!!」と言われてしまいました。「宗教とかじゃなく、大好きだった祖母をはじめ、ご先祖様に一日の報告も兼ねてだよ」と説明すると「何か変な宗教やってるんかなって思った」と言いながらも、まぢで引いてたようで言わなくて良かったかな?って少し後悔しています。こういうこと沖川先生はどう思われますか?

月夜さん、ありのままでいいじゃない。
そのままのあなたを好きになってくれたんだから素敵ですって

ご先祖様に感謝する。私は最高の一日にしめくくりだと思います。彼も大人になればきっと理解するでしょう。若いときは、そういったものに対する偏見があると思います。偏見があるうちは、あまりそのこにふれない方がいいでしょう。ご先祖様というわずに、生前大好きだったおばあちゃんに寝る前にお祈りしているんだくらいに言うといいと思います。

沖川先生ありがとうございました。先生にそう言って頂いてホッとしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する