おかしい?
こんな男ばかりだ。



付き合って2か月。
連絡がめっきり減りました。最後の連絡したのは、12月24日でした。「年末年始は会えるの?」連絡なし。

あけおめのメールをしましたが、連絡なし。それ以降、こちらからは連絡をしていません。

彼とは10月初旬にマッチングアプリで知り合いました。知り合った頃の彼とは、話が弾み、会話が楽しく、趣味も合い、雰囲気もフィーリングもよかった。

そして、彼からのアポローチも凄かった。私が何回断っても何度も何度もアプローチしてくる。彼におされておされて、ついに付き合うことにしました。

良かったのは、1か月だけ。
毎日何通ものメール。週に2回以上会って、朝から晩まで暇さえあれば連絡を取り合っている。こんな仲のいい2人でした。

ところが、11月に入り、彼の仕事が忙しくなった。そのころから様子がおかしくなった。彼からの連絡がめっきり減ったのです。

私から連絡しても。
「ごめん、いま仕事が忙しくバタバタしている」というような、仕事が忙しいという内容ばかり。

しまいには、
「もうしんどい、疲れた、胃が痛い、夜も寝もれない」というようなこちらが心配するものばかり。

とどめは、
「こんな仕事をいつまでもやってられない、辞めてやる」というような愚痴ばかり。

愚痴を最後に、とうとう彼と連絡がつかなくなった。クリスマス・年末年始と連絡が一切取れていない。

はい、おかしいでしょう?
2か月で、中途半端に終わる恋愛。どう見てもおかしいですよね。巷ではこういう恋愛が流行っているのです。これは、一種の病気なので気をつけましょう。

この流行病に対策はあるの?
あります。対策は半年間、相手の男性のことを本気で好きにならないことですいつでも別れる覚悟で半年間付き合ってください。

いつでも別れる覚悟で半年間付き合う?私にはそれはできません。

できなければ、あなたも流行病にかかるだけです。流行病にかかりたくなかったら、自ら3密を避けることです。

1,密度濃く連絡をしない。
2,密度濃く会わない。
3,密度濃く愛さない。

1回会ったら、隔離期間を2週間もうけて、会うのは3週目とする。


まるでコロナ対策ですね。
そう、コロナ対策と同じように、病気にかからない予防をすることです。愛の伝染病はしつこいから、あまりのめりこまないように。防疫をしっかりやって、最初の半年間を過ごすことです。

半年経てば免疫ができます。
彼が本物か?偽物か?そのころには男の正体が現われているでしょう。本物ならここから正式に付き合い。偽物ならここから別れればいいのです。

半年間、いつでも別れる覚悟で付き会えば、2か月で音信不通なら、この男は切ればいいのです。

女性たちに言いたいのは、「愛の時間差攻撃です」免疫ができる半年間は、絶対に好きにならないことです。女性は最初に愛を確かめたい生き物ですが、愛はあとから確かめればいいのです。

では、偽物とこうなった場合、どうすればいいか?
次回は対策を述べますね。


沖川の新刊ははこちらにて販売しています。
電子書籍はスマホでも見れます。



やってしまいましたね。
パソコンが壊れてしまいました。

動画を見ていたら、モニターがいきなりプツンと切れてしましました。そのあと何度か回復させよとしましたが、うまくいきません。素人の私にはお手上げです。

パソコンはまた買い替えればいいのですが、心配なのはデーターが消滅したかも?私のパソコンにはたくさんのデーターが残っていたから心配です。

仕事のデータ、参考資料、思いで深い写真、・・・その他モロモロ。このデータが消滅したら・・・これはまずいと心配しています。

正月休みを返上して半分ほど書き上げた次の電子書籍の新作。また3月決算に向けて作成した資料。これが全部パーになると、1からまたやり直しです。


1からやり直しか?

まあ、しょがないね。
その覚悟を今から作っているところです。

壊れたものは諦めよう。
また1から作ればいいと。

昨夜、壊れてパニックに陥りましたが、今朝になって、またいちから再出発する覚悟もできました。

というわけで、今日の恋愛日記は、私の個人的な内容ですみませんでした。

電子書籍の新作は今月末に発売する予定でしたが、しばらく遅れそうです。

とりあえず、パソコンの修復に全力を尽くします、修復できないことも想定して、1からデータの作りにも励みます。



理に適わない発想で処理する。

「理にかなわない発想で持って、結婚する気のない男性を結婚する気にさせる」・・・とはいっても、相手が悪い男なら、常識に従ってその男性はやめた方がいいでしょう。

家族や友人が反対する悪い人とは結婚しない方がいい。警察や裁判所が反対する悪い人はやめた方がいい。世間や友人や親族や民法が反対する悪い人はやめた方がいい。常識とはそういうものです。

そういうときは、常識に従ってください。

いくら、理にかなわない発想を持っていたとしても、信じることのできない悪い人にはその法則は使わないことです。

たぶん、あなたはそれが分かっているはずです。彼は悪い人だと分かっているはずです。彼と一緒になっても幸せになれないと分かっているはずです。そういうときは常識に従ってください。

彼と一緒になっても幸せになれないことは十二分に分かっている。それなのになぜしつこく絡むのか?それは愛の毒牙に侵されてしまって、冷静な判断ができないくらい麻痺しているのかもしれません。

恋愛は一種の麻薬です。一度味わったら病みつきになる麻薬中毒と一緒です。中毒すれば、悪いことと知りながらやめれません。やめたら禁断症状が出て苦しくなるからです。

自分でも彼は悪い男だと分かっている。でも、やめられない。これが中毒症状なのです。

はい、そこです。
この中毒をどうするか?
そこが大きなポイントです。

このままだと、あなたも悪人になります。理にかなわない方法で悪人を助けると、あなたも悪人になり、それこそ極道の妻になってしまいます。極道の妻は言い過ぎですか?はい、失礼しました。

いいたいのは、悪の道に行けば悪の道に染まるということです。

では、どうすればいいか?

あなたの直観に従うことです。

あなたの直観は正しいものを見極めるために存在しています。

彼が悪い人か?悪い人でないか?直観は見抜いています。その直観に従ってください。


あなた以外の人は、彼と付き合っているわけではありません。周りが彼のことを悪く言うのは、あなたの言葉によって悪くいったまでです。あなたが彼のことをあまりにもひどく悪く言うものだから、その男はやめなさいと言ったまでです。たとえそれが事実だとしても、すべてがあなたの言葉によるものだからです。

周りの常識もすべてがあなたの言葉によって作り出したものです。この男は非常識で悪い男だというものも、あなたの説明によって作り出したものです。ですから、あなたの話を聞いて、周りの人が彼の事を悪く言う資格はありません。ここでいいたいのは、周りの常識がすべて正しいとは言えないということです。

実際に付き合ったことのない人が、知ったかぶりの常識論を展開しても、その常識が間違っているということです。他人の常識よりも、あなたの常識の方が正しい。ですから判断は、自分の常識に従って下すことです。あなたの常識はあなたの直観です。自分の直観を信じて判断を下すことです。

あなたの直観が彼は悪い男だと判断すれば、彼は悪い男です。

あなたの直観が彼はいい人だと判断すれば、彼はいい人です。

周りが何を言おうが、あなたは自分の直観を信じることです。

もし、あなたの直観が迷っていれば、または自分の直観に自信がないのなら、信頼できる人のアドバイスを受けてください。

私で良ければ、長年の経験からくる私の直観と、あなたの直観をミックスした鑑定を行なうことができます。

そうすれば、より正しい判断に近づくことができるでしょう。



沖川の新刊ははこちらにて販売しています。
電子書籍はスマホでも見れます。





常識で考えてはダメですね。

相手は結婚する気がないのですから、常識は通じません。

では、どうすればいいか?

あなたが常識を覆す、理に適わない発想を持てばいいのです。

理に適わない発想とは、妄想ではありません。妄想はネガティブ思考が作り出したものだからです。

では、理に適わない発想とは?
そうですね・・・エジソンかな。松下幸之助かな。本田宗一郎かな。イチローかな。ビートたけしかな。ビートたけしはちょっと笑えるかもしれないけど、彼ら天才の発想をちょいといただくだけです。彼らの成功は、常識を覆した理に適わない発想から生まれたものです。同じ人間でも、常識を覆す、理にかなわない発想を持っている彼らを真似ればいいのではないでしょうか。

もちろん並みの人間に彼らの真似はできません。でも、グジグジ悩んでネガティブの世界にいてもラチがあきません。彼らの真似はできなくても、ほんの少しは近づくことができます。そのためにあなたの思考を変えることです。思考の変え方は簡単です。「心を積極的に」すればいいのです。


人間の思考って不思議です。

何事もネガティブに物事を考える人は、暗いままの人生を送ることになります。物事を悪くとらえ、なんでもかんでも否定すれば、悲観的な人生を送ることになります。

いつも最悪なことばかり考える性格では、事の成り行きはすべて最悪な結果となるでしょう。それをお望みなら、それはあなたの自由です。最悪な結果を考える人は、結果が悪くなることをすでに想定しているので、結果が悪くとも(やはり、そういうことか?自分はいつも運が悪いね)と自虐的に処理できるからです。

自虐的に処理できる。
これも人間が持っている特権です。いつでも自分は何をやってもダメと処理できれば、最悪な結果のとき救われるからです。つまり、自虐的な性格も、自分を守るための防衛本能なのです。

自分を何をやってもダメと自虐的に考える人は結構います。そういう人はちょっとやってつまづくとすぐに自虐的な精神を発揮するからです。つまづいた後に出る性格は、不平不満の愚痴ばかりです。あるいは人の悪口や批判が多いでしょう。いくら自己防衛とはいえ、本人は気づいていないのです。このままでは静かな絶望の中で生きていくことに。

だから、決めてください。
自分はそんな生き方は{NOだ!」と決めてください。「一般大衆は、静かな絶望の中で生きている」自分はそんな生き方は真っ向から反対する立場をとってください。

「そんな生きかはNOだ!」と決めれば、あなたの思考は徐々に変わってきます。

思考が変われば、天才たちと同じように理にかなわない発想を持つことができるでしょう。

だがね・・・。

そこからが大変なのよ。

人間の思考とは、いくらその気になってもすぐに戻されてしまうから。

やはりダメか・・・。
自分には無理だ。
自分には能力がない。
自分には才能がない。
自分には知識がない。
自分はバカだ。
自分は頭が悪い。
自分にはどうしていいかわからない。

ほろほら、出てきたでしょ。
自虐的で自己否定的な自分の性格が。


こいつはね、すぐに出てくるから困ったものです。

油断もすきもあったものではない。
必ず、このオバケが出てくる。
毎日出てくる、数時間おきに。

こいつの退治こそが、「自分との戦い」といいます。

まず自分を制しないと前に進めないということです。

皆さん、自分との戦いに勝ってください。


沖川の新刊ははこちらにて販売しています。
電子書籍はスマホでも見れます。




男性が結婚したい理由のNO1は寂しいから。

それは女性も一緒だと思います。

寂しいから人は結婚するのです。やはり人生は独りで暮らすより、愛する人と暮らしたい。愛する家族と暮らしたい。人間であれば、そう思うのは当然のことだと思います。

中にはひとりが好きだという人をいるでしょう。人間関係の煩わしさが苦手てで、人間関係で嫌な思いをするのならひとりで生きていく方がいい。少数派ですが、そういう人もいるでしょう。

ひとりで生きていくと決めた人は異性と交際などしません。その辺が素晴らしい。寂しいからといって下手に異性と付き合えば、相手に迷惑がかかるからです。迷惑をかけるくらいなら最初から付き合わない方がいい。そう決めたのなら、とても筋が通った考え方です。

寂しいから結婚する。人間関係が煩わしいから結婚をしない。どちらの生き方も筋が通っていると思います。

問題なのは、どちらにも属さない中途半端な生き方ですね。ひとりで生きていく度胸もなく、かといって結婚する度胸もない。でも、寂しさには耐えられない。

そういう人が婚活や恋活をするものだから、被害者が増えるわけです。中途半端な男性は、結婚する気はないくせに、寂しいからといって結婚を匂わす男性.となって相手に迷惑をかけます。

そういう男性が最近増えているような気がします。見ていて、なんか・・・可哀想で哀れですね。中途半端な生き方って、なんか・・・変ですよ。

また、こういう男性に女性たちがよく引っかかっています。これもまた哀れですね。

仕方ないか・・・今は無法地帯の恋愛が多いから。自分で見極めて、自分で判断しなさいということなのでしょう。

現在は、マッチングアプリでの出会いが多い。アプリは気楽にすぐに恋人を見つけることができますが、その反面、中途半端な男性もここに多く所属しています。アプリは無法地帯そのもかもしれません。

でも、便利だから使うか。人は便利なものに弱いから。中には本物もいるわけですから、こうなったら本物探しだ。「石ころからダイヤモンドを見つける!」このくらいの覚悟で望めばいいでしょう。



では、結婚する気はないくせに結婚を匂わす男性と遭遇したらどうすればいいですか?

どうすればいいかな?

ひとつは運が悪かったと思って諦めることですね。いい勉強をしたと思って、終わるけじめをつけてください。

もうひとつは?
結婚する気がない男性を結婚する気にさせることですね。つまり嘘つきの男性を本気にさせることです。


どうやって・・・?それがいちばん難しいじゃん。

そうですよ。とても難しいです。

今年のあなたは難しいことにチャレンジすることですね。だから、このブログを読んでいるのはないですか?

あなたはこのブログを読んで、今までなかった新しい知恵と発想を見つたいのでしょう。奇跡を起こす前向き思考を手に入れたいのでしょう。分りました、私がお手伝いします。

あなたが成長して、本気の前向き思考を手に入れば、相手を結婚する気にさせることはそんなに難しいことではありません。前向き思考とはそういうものだからです。


沖川の新刊ははこちらにて販売しています。
電子書籍はスマホでも見れます。




沖川は今日から仕事始めです。

お正月はノンビリしたせいで、少々体がなまっています(笑)

現場に復帰すれば、そのうち元に戻るでしょう。


さて、今年の抱負ですが、私がやることは決まっています。

皆さんに希望を与えること、今年の鑑定はこれ1本で行きます。

間違った思考を修正して、正しい思考に変えること。

ネガティブ思考をポジティブ思考に変えること。

悩みはどの人も複雑ですが、希望を与えることを忘れないで、相談に乗っていきたいと思います。


皆さんに希望を与える。

これは、簡単なことではありません。悩める人は、絶望の淵にいるからです。しかも、その絶望は頑固にへばりついている。へばりついた絶望を、これまた剥がすのが大変。プライドと共に凝り固まった絶望。聞き分けのない絶望。頭では理解できても、感情がついていけない絶望。どうしても引きはがせない絶望。今年はさらにパワーアップして、あなたの絶望を、引き剥がしにかかりたいと思います。覚悟しといてください(笑)


まあ、こんなに堅苦しく暗く考えないで、明るく楽しく、染みついた絶望を一緒に剥がしていきましょう。みんな「ファイトだ!」



さらに、今年の抱負はもうひとつあります。
それは、電子書籍に力を入れることです。

昨年の暮れに、5年ぶりに本を出版しました。紙の本ではなく、電子書籍です。自分にとっては久しぶりの快挙です。いつかやろうと思って、なかなかできなかった。でも、去年あるきっかけで出版しました。きっかけは大したことではありません。コロナ禍で暇になったから本を出してみるか、という程度のきっかけです。

ですが・・・。
出版してみたら。
ハマりました・・・(笑)
いい暇つぶしというより、充実した暇つぶしを見つけたという感じです。これで、「寸暇寸陰を惜しむ」ことが地でできそうです。

私の文章にはある特徴があります。うまく説明できませんが、これは沖川しかだせないじゃないの?という独特なものがあります。他では読むことができない沖川独自の独特な文章。なんかこう深みのある文章で、訴える力もあれば、説得できる力もある。これは私個人の感想ではなく、多くのお客様からも同じ事を言われています。沖川先生の文章は独特だと。ちょっと嬉しいですね(テレ)

沖川しか出せない独特な文章か・・・ならば、これを世に広めようではないか。それで、「電子書籍に力を入れるぞ!」となったわけです。どこまでやれるか分りませんが?まあ、やれるところまでやってみます。


沖川の新刊ははこちらにて販売しています。



新年明けましておめでとうございます。

いよいよ2022年がスタートしますね。

川越占い館の仕事始めは1月4日からですが、予約の電話は本日1/3(月)の10時~11時にて受付けます。新年の初占い、皆様の御予約をお待ちしています。詳しくは予約の空き状況をご確認ください。


皆様は、お正月はどのように過ごしましたか?
今年は何かありそうな、何かに期待が持てそうな、いい新年を迎えたのではないでしょうか。皆様の新しい年に希望あれですね。皆様のご活躍を期待しています。


私の正月は、
寒かったからどうこにも行きませんでした(笑)

今年の正月は寒波の正月。初詣も行かず、寝正月の巣ごもり状態。

家で、ノンビリ過ごした正月でした。

十分に英気を養ったので、また明日から新年のスタートが切れます。

2022年も、皆様のご希望に答えるよう誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。



沖川の新刊ははこちらにて販売しています。


今年の恋愛日記は、本日で締めくくりです。

1年間、誠にありがとうございました。

また来年お会いしましょう。


年末年始は、私もお休みを取らせて頂きます。

ブログの投稿は、1月3日より再開を予定しています。

その間、私の新刊を読んで頂ければ幸いです。

皆様が、来年いい年になるように祈っています。

では、よいお年を。


沖川の新刊ははこちらにて販売しています。



今年一年大変お世話になりました。

早いもので、年末の挨拶をさせて頂く時期となりました。川越占い館は本日でもって、仕事納とさせていただきます。

今年も去年同様にコロナで始まり、コロナで終わる1年でした。厳しかった1年がもうすぐ終わろうとしています。

コロナ禍で多くの方に支えて頂き、誠にありがとうございました。来年は皆様の希望が叶うことを心より願っています。


私の来年の抱負は、
電子書籍に力を入れることです。

自分の作品である恋愛日記を編集してまとめて電子書籍化する。これに力を注ぎたいと思います。

テーマは「動画よりも文章の方がはるかに早く理解できるし効率がよい。」

最近のコンテンツは、ユーチューブに代表されるように動画が主となっています。私も動画をたまに見るのですが、なんか・・・知識として頭に入らない。動画は見ていてで楽しいのですが、バラエティー番組を見ているようで、時間だけが無駄に過ぎていく気がしてならない。ああ、今日もまた時間を無駄にした…という後悔ばかりが残る。

動画より文章の方がしっかりと頭の中に記録される。生きた文章に出会えば、人生そのものが変る。動画を見た方が、リラックスできて楽しいが学びにはならない。やはり、文章の学びの方が人間は成長できる。

このような私と同じ考えを持つ人も少なからずいると思います。動画では勉強はできないと。やはり勉強するのなら文章の方がいいと、感じている方は少なからずいると思います。

私も同じ思いを感じたので、「動画よりも文章の方がはるかに早く理解できるし効率がよい。」をテーマに掲げました。どのくらい自分の文章が皆様の役立つか分かりませんが、少しでもお役に立つように来年は精進していきたいと思います。

以上で、年末のご挨拶とさせて頂きます。



年末年始の休業期間は下記の通りです。

【年末年始休業期間】12月30日(木)~1月3日(月)

新年は、1月4日(火)11時より営業開始となります。

来年も少しでもサービスの向上を図れるよう、 誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。




沖川の新刊ははこちらにて販売しています。


コロナ禍の絶望。
貧困の絶望。
格差の絶望。

そして、うまくいっていない恋愛の絶望。愛の破局による絶望。離婚による家庭内の絶望。今年も、次から次へと絶望の嵐が吹き荒れた。

先生も大変だね。
「これだけたくさんのマイナス波動を浴びて、よくこの仕事ができますね」。というような心配とお気遣いをたまに受けます。お気遣いありがとうございます。

でも、大丈夫。
マイナス波動を、自分はなんとも思っていません。マイナスをプラスに変える変態的な特殊な思考を私は持っているから(笑)丈夫です。

これは「仕事だ!」とプラスに変換しています。

マイナス波動をマイナスと受け止めればそれは嫌になるでしょう。でも私は、マイナス波動をプラスの波動に変える。「これは仕事だよ」と自分に言い聞かせています。

「これは仕事なんだよ」とプラスに変換して皆さんの悩みにお答えしているわけですから、私自身がマイナスは波動に押し潰されるわけにはいきません。マイナス波動に押し潰されたら、間違った判断をしてしまうからです。

そういうカウンセラーや占い師さんもいるみたいですね。マイナス波動に潰されて、お客さんに酷い言葉をいう・・・。なんてこった・・・でも私は大丈夫です。ご安心ください。

私がマイナスになるときは、皆さんに同情しているときです。(辛い目にあったね・・・)、これだけたくさんの人の相談に乗れば、人の痛みが何倍も分かる。だから、同情しているときの私は少しマイナス波動が出ているかな。

人の痛みが分かって、その人の話が聞ける。人の痛みが分かって、その人に同情することができる。人の痛みが痛みが分かって、その人にあった解決方法を見つけることができる。

解決策を見つける。
それが私の仕事だから。

でも結局、どの悩みも解決策は同じ。

マイナス感情をプラス感情に置き換えて、ネガティブ思考をプラス思考に置き換えれば、どの悩みも解決する。

それが、なかなか難しい・・・のよ。
頭では分かっているが、心から分かっていない。

いくら、「マイナス感情をプラス感情に置き換えて、ネガティブ思考をプラス思考に置き換えれば、どの悩みも解決する」と言われても、自分のことではなく他人事のように聞こえてしまう。

誰かはできるけど自分にはできない。偉い人、優秀な人はそれが出来るかもしれないが、非凡な自分にそれができるわけない。

でも、このままではダメ。いつかそうなりたい。でも、キッカケがない。心からそれを自分のものにするキッカケがない。どの本を読んでもダメ。誰かの言葉を聞いてもダメ。自分の悩みと適合するものは何一つない。自分の悩みと一致とするもの。自分の不安と一致するもの。自分の考えと一致するもの。それは、世の中に「ない」かもしれない。

あなた自身の思考が宇宙そのもので、広大な宇宙の中から自分の思いを探すのはサハラ砂漠で針を探すのと同じ。絶対に見つかるない。

ですから、自分と同じ悩みや不安を他のコンテンツから探そうとしないこと。悩みの解決方法はあなた自身にある。あなたが宇宙の支配者だ。自分という宇宙の支配者。あなたの人生は、あなたが支配者なので、あなたの思いのままに動く。

思いのままに動かすのは、難しいことではない。マイナス感情をプラス感情に置き換えて、ネガティブ思考をプラス思考に置き換えればいいだけのこと。

それを今日から実践しよう。私でよければ、私があなたにキッカケを与えるようにします。




沖川の新刊ははこちらにて販売しています。